マツダ・コ・パイロット・コンセプトの登場は2022年

マツダ・コ・パイロット・コンセプトの登場は2022年

マツダスペインのニュースリリースに、少しだけマツダ独自の自動運転技術「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」について触れていました。登場は2022年になるようです。

Mazda Co-Pilot:より安全な未来のために

Bajo la filosofía denominada Mazda Proactive Safety, Mazda continúa trabajando en tecnologías de seguridad avanzada con el objetivo de erradicar los accidentes de tráfico en la medida de lo posible. Para ello, actualmente está desarrollando el concepto Mazda Co-Pilot, una propuesta de conducción autónoma centrada en el ser humano que permite que el conductor pueda disfrutar al volante, al tiempo que el vehículo monitoriza en todo momento su conducción y realiza una “conducción virtual”, lo que significa que está listo para conducirse de manera autónoma en caso de que detecte un riesgo potencial de accidente. La implementación de Mazda Co-Pilot comenzará en 2022 y se extenderá a todos los modelos de la gama a partir de 2025.

(マツダは、マツダ・プロアクティブ・セーフティという理念のもと、交通事故の根絶を目指し、高度な安全技術に取り組んでいます。 この目的のために、現在、マツダ・コ・パイロット・コンセプトを開発しています。これは、ドライバーがハンドルを握って楽しむことを可能にする、人間中心の自動運転の提案です。車両は常に運転を監視し、「仮想運転」を実行します。これは、事故の潜在的なリスクを検出した場合に自律的に運転する準備ができていることを意味します。マツダ・コ・パイロット・コンセプトの実装は2022年に開始され、2025年から全モデルに展開。)

Mazda se adelanta una década a la UE en seguridad activa

マツダ・コ・パイロット・コンセプトの市場投入は2年遅れ

2019年時点では、「マツダ・コ・パイロット・コンセプト」は2020年には実証実験を開始してその姿を見せている計画だったのですが、私達が目にするのは2022年になるとのことです。すると、ラージ商品群に搭載グレードや特別仕様車が設定されるということでしょうかね。

標準化目標の2025年は変わっていないので、この2年間の開発期間(熟成期間?)で、狙っている性能が出ているのだと思いたいです。

マツダが、直面する課題の解決に向けた取り組みを説明する動画の中に「コ・パイロッ・トコンセプト」を試験しているシーンがあります。
少し古い記事です。北米マツダのボス毛籠氏が、マツダが導入する自動運転技術のレベルについて話しています。完全自動運転はやらないそうです。