[特許]マツダ、8速ATを想定した自動変速機の潤滑制御装置に関する特許を出願

マツダは、8速ATを想定した自動変速機の潤滑制御装置に関する特許を複数出願しています。

特開2021-60058 自動変速機の潤滑制御装置

【課題】自動変速機の潤滑制御装置において、燃費性能の悪化を抑制しながら、クラッチの遠心バランス室に作動油が充填されていないことによるショックを抑制する。

【解決手段】自動変速機10の潤滑制御装置2は、複数の摩擦板73cを押圧するピストン73dと、ピストン73dを摩擦板73c方向に付勢する作動油が供給される締結油圧室P31と、ピストン73dを反摩擦板方向に付勢する作動油が供給される遠心バランス室P32と、を有する発進時に締結されるクラッチCL1を備え、遠心バランス室P32に連通する潤滑油の流量が変更可能な第1の潤滑回路f2、hと、第1の潤滑回路f2、hとは別の第2の潤滑回路f1、gと、駆動源始動後の所定期間において、第1の潤滑回路f2、hの潤滑油の流量を増大させるように制御する制御手段200とを備える。

マツダ、8速ATを想定した自動変速機の潤滑制御装置に関する特許を出願

マツダ、8速ATを想定した自動変速機の潤滑制御装置に関する特許を出願

マツダ、8速ATを想定した自動変速機の潤滑制御装置に関する特許を出願

特開2021-60061 | 知財ポータル「IP Force」(自動変速機の潤滑制御装置)

関連特許

  • 特開2021-60059 自動変速機の潤滑制御装置
    自動変速機の潤滑制御装置において、発進用摩擦締結要素の耐久性を確保しながら、潤滑油の温度の上昇を抑制する。
  • 特開2021-60060 自動変速機の潤滑制御装置
    自動変速機の潤滑制御装置において、燃費性能の悪化を抑制しながら、発進用摩擦締結要素の耐久性を確保する。
  • 特開2021-60061 自動変速機の制御装置
    自動変速機の制御装置において、車両の走行状態に合わせて、必要に応じた潤滑油の供給の制御を行うことで、燃費の向上と、変速機の発進用摩擦締結要素及び他の摩擦締結要素の耐久性の確保との両立を図る。
  • 特開2021-60062 自動変速機の制御装置
    自動変速機の制御装置において、車両の走行状態に合わせて、必要に応じた潤滑油の供給の制御を行うことで、燃費の向上と、変速機の発進用摩擦締結要素及び他の摩擦締結要素の耐久性の確保との両立を図る。


これまでにも8速を想定した自動変速機の特許を数多く出願しています。

マツダは、8速自動変速機に関する特許を複数出願しています。
マツダは、6気筒エンジンの排気装置と8速オートマチックトランスミッションに関する特許を出願しています。
マツダは、手動変速機の変速操作装置と車両用動力伝達装置の特許を出願しています。
マツダは、8速自動変速機の特許を取得しています。これまでもいくつも8速オートマチックトランスミッションの特許を取得していいます。
マツダは、変速段がさらに多段化した場合にあっても、装置の大型化及び製造コストの上昇を抑制することができる自動変速機の特許を取得しています。
マツダ、8速を想定したパワートレイン装置の特許を取得しています。
マツダは、8速を想定した自動変速機の動力伝達装置に関する特許を取得しています。
マツダは、複数の8速オートマチックトランスミッションの構造に関する特許を出願しています。
マツダは、8速を想定したパワートレイン装置の構造に関して特許を取得しています。
マツダは、自動変速機の特許を取得しています。その説明図には「8速」という記述があります。

フォローしませんか?