マツダ、BT-50の生産も終了し国内外で商用車生産から撤退

マツダ

マツダ、BT-50の生産も終了し国内外で商用車生産から撤退

マツダは、2021年4月1日にタイ工場で造っていたBT-50の生産終了を明らかにしています。これで、90年間続いた商用車生産が国内外で終了しました。

マツダ、90年間続いた商用車生産が国内外で終了

中国新聞の記事からです。

マツダは1日、タイ工場で造っていたピックアップトラック「BT―50」の生産を終えたと明らかにした。三輪トラックの発売から約90年間にわたる商用車の生産が国内外で終了した。唯一残る米フォード・モーターとの共同開発車で、両社の協業による商品がなくなった。

マツダ、商用車の生産から撤退 三輪トラックから90年 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

商用車の生産終了と見た時に、もう、すでにボンゴを止めていたじゃん、と思ったらBT-50の件だったんですね。記事によると、2代目BT-50の生産を2021年3月31日に終了したとのこと。いすゞD-Maxベースの最新型BT-50を発売したあとも並行して生産してたとは知りませんでした。

ボンゴのときもそうでしたが、「創業事業」としての商用車生産から完全に撤退しなくてはならないほど、自動車会社は、100年に一度の大変革期を迎えているということなんですね。

 

https://super.asurada.com/cars/mazda/2020/62869/

マツダBT-50,マツダ

Posted by 管理者