豪州マツダ、BT-50旗艦モデル「Thunder」を発売!現地開発パーツを採用

豪州マツダは、BT-50に旗艦モデルとなる「Thunder」を追加発売しています。豪州マツダのエンジニアリングチームが開発したパーツを採用しています。

2021 Mazda BT-50 Thunder

This new model has been designed with an “aggressive appearance” and “quality parts developed by Mazda Australia’s in-house engineering team”, with the Japanese brand saying its Thai-built truck is “created to suit the Australian market’s unique demands”.

(この新しいモデルは、「アグレッシブな外観」と「マツダオーストラリアの社内エンジニアリングチームによって開発された高品質の部品」で設計されており、日本のブランドは、タイ製トラックは「オーストラリア市場の固有の需要に合わせて作成された」と述べています。)

2021 Mazda BT-50 pricing and specs detailed: New Thunder flagship arrives to take on D-Max X-Terrain and Ranger Wildtrak with Holden Ute name! – Car News | CarsGuide

BT-50 Thunderの特徴的な装備は、豪州マツダのホームページによると、「STEEL BULLBAR WITH LIGHTFORCE LED LIGHT BAR」などが挙げています。
豪州マツダ、BT-50旗艦モデル「Thunder」を発売!
CarsGuideによると、18インチのブラックアロイホイール、シングルフープスチールブルバー、ライトフォースデュアルローLEDライトバー、フェンダーフレア、サイドステップ、リアスポーツバー、電動ローリングトノカバー、サンダーデカールが付属しています。

スチール製フロントバーは、豪州マツダが開発

また、carsales.com.auによると、


新しいスチール製フロントバーは、メルボルンにいる豪州マツダのエンジニアリングクルーによって社内で開発されたもので、外観を一変させ、190mm長くして、車両全体の長さを5,470mmにしました。

マツダのエンジニアによると、フロントエンドにかなりの装甲を追加し、UTEのアプローチ角度を30.4°から25.8°に減らしますが、ホイールの周りのボディワークを取り除くことで「実用的な」アプローチ角度が改善されます。

Mazda BT-50 Thunder 2021 Review – carsales.com.au

開発にあたっては、マツダ本社からMES(マツダエンジニアリングスタンダード)の提供を受けており、豪州マツダが開発したパーツをグローバルで販売することが可能になっているとのこと。ブルバーをニュージーランドと南アフリカで、電話ホルダーなどのアイテムを世界中で販売している実績があります。

という事は、BT-50を販売している現地マツダがその気になれば、「Thunder」専用パーツを売れるということですよね?

ちなみに、インテリアは、ベースとなったGTグレードから変更はありません。


Brand-New Mazda BT-50 Ute Is Here | Mazda Australia