KBBによる10代向けに最適な車としてマツダから2019 Madza3などが選ばれています

KBBが10代向けに最適な車として2019 Madza3などを選出

Kelley Blue Bookが、10代の若者に最適な車としてマツダからは、2018 CX-5や2019 Mazda3などを選んでいます。

10代向けの最高の車の条件

Kelley Blue Bookでは、安全性を一番のポイントにおき、IIHSやNHTSAの安全性評価、10代のドライバーのための安全機能、購入価格などを総合して10代に最適な車を選んでいます。

先進運転支援機能とドライバーアシスト機能

若いドライバーにとって理想的な最高の車の基盤になる機能として紹介してます。

  • Anti-lock brakes
  • Traction control
  • Stability control
  • Forward-collision warning
  • Blind-spot monitoring

また、以下も考慮すべき機能としています。

  • Outboard mirrors with turn-signal indicators
  • Power-adjustable driver’s seat
  • Tilt-and-telescopic steering wheel
  • Automatic climate control
  • LED headlights and taillights
  • Automatic high beams
  • Adaptive cruise control
  • Hill-start assist
  • Infotainment system with voice recognition
  • Airbags, at least six
  • Auto on-off headlights

衝突試験の評価の重要性

KBBは、衝突試験のスコアを真剣に受け止めており、考慮する項目にそれらを組み込んでいます。KBBの調査は、米国道路安全保険協会(IIHS)や、政府の全米高速道路交通安全局(NHTSA)などのサードパーティの衝突試験組織からのデータに基づいています。

10代の若者たちのための最高の車とSUV

ほとんどの人にとって、中古車を購入することが最も費用効果の高い方法です。そのため、20,000ドル未満から5,000ドル未満の価格まで、価格別に分類された車両に焦点を当てています。

20,000ドル未満のティーン向けの最高の中古車を選ぶすべての選択肢には、上記の高度な安全機能と運転支援機能が備わっています。それらはすべて、IIHS衝突試験の少なくとも5つで少なくとも「良好」の評価を持っていますが、ここのほとんどすべての車両は、トップセーフティピックまたはトップセーフティピック+です。また、これらの車両は、その信頼性と燃費で高く評価されています。

20,000ドル未満の10代の若者に最適な中古車

ピックアップされているマツダ車のみに注目します。

  • 2018 CX-5
    ツーリングトリムで2018マツダCX-5 を選択した場合、高度な安全機能とドライバーアシスト機能が搭載されています。さらに、LEDヘッドライト、自動レベリングヘッドライト、デュアルゾーン自動気候制御、自動ハイビーム、車線逸脱警報、車線維持支援、およびアダプティブクルーズコントロールを提供します。それはすべての衝突試験に合格し、優れた信頼性を提供します。
  • 2019 Mazda3
    パウンドフォーパウンドとドル対ドル、そのセグメントでMazda3を打ち負かすのは難しいです。高速道路で政府が推定した35mpgを達成し、IIHSとNHTSAのすべての衝突試験で優れたスコアを獲得しています。高度な安全性に加えて、Selectには、LEDヘッドライトとテールライト、ターンシグナルが統合されたアウトボードミラー、アダプティブクルーズコントロール、デュアルゾーン自動気候制御、8つのエアバッグ、車線逸脱警報、車線維持支援、ドライバー注意アラートおよび自動ハイビームが付属しています。

15,000ドル未満の10代の若者に最適な中古車

  • 2018 Mazda3
    なめらかでスポーティなMazda3ハッチバックのスタイリングが大好きです。車のハンドリングによく合います。マツダはまた、ハッチバックのユーティリティで販売されていない人のために、より伝統的な4ドアセダンを提供しています。このトップセーフティピックには、ブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートが標準装備されていますが、グランドツーリングプレミアム機器パッケージにアップグレードすると、車線逸脱警報、車線維持支援、およびアダプティブクルーズコントロールが追加されます。
  • 2016 CX-5
    家族やそのギアにも対応できるスポーティなコンパクトSUVが必要な場合は、マツダCX-5が最適です。CX-5は車のように乗り、扱います。また、優れた燃費と多くの高度な安全機能を提供し、トップセーフティピック+車両です。ツーリングを見つけた場合は、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラート、バックミラーカメラを利用できます。

10,000ドル未満の10代の若者に最適な中古車

  • 2014 Mazda3
    セダンの快適性やハッチの柔軟性いずれかで間違って行くことはありません。TSP +ピックとNHTSAの5つ星評価の両方を獲得しました。このマツダには、6つのエアバッグ、電子制御ブレーキ力配分とブレーキアシストを備えたABS、スタビリティコントロール、トラクションコントロール、ヒルローンチアシストが標準装備されています。i Touringは、ブラインドスポットモニタリングとリアクロストラフィックアラートを追加し、リアビューカメラで見つけることができる場合があります。車線逸脱警報を追加するためのテクノロジーパッケージを備えたグランドツーリングを探してください。

(5,000ドル未満の10代の若者に最適な中古車には、マツダ車の該当はありませんでした。)


Best Cars for Teens: The List Every Parent Needs | Kelley Blue Book


マツダは、早くからi-ACTIVSENSEの多くを標準化してきたので、こうしてそうした施策が評価されるのは「してやったり」と思わなくもないです。

この特集でピックアップされたマツダ車は、CX-5とMazda3だけなので、ここにCX-30も加わってほしいですね。

マツダは、北米で販売する2018年型からMX-5を除く、ほぼすべての車種で自動緊急ブレーキを標準化するそうです。