[商標]マツダ、新たな書体の「魂動」を商標出願

マツダは、2021年3月4日付けで、これまでとは異なる書体の「魂動」を商標出願しています。

マツダ株式会社商標出願

商願2021-25420

マツダ、新たな書体の「魂動」を商標出願

  • 出願日:2021年2月22日
  • 商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務:第12類


商願2021-25420 係属-出願-審査待ち


2015年に「魂動」を商標登録した時は、ただ、タイピングした文字でした。海外では、グラッフィクの登録もあるのですが、もしかたら、(ちゃちゃっと検索した感じでは)国内ではこうした書体での出願は初めてなのかな?

第7世代商品群本命登場の前にこうした変化を持ち込んでくるということは、これまでのデザインをさらに進化させて、期待を裏切らない出来に仕上がっているのではないかと思い込んでしまいます。

いったい、どなたが書いたのでしょうね?

マツダが、2010年に新しいデザインテーマ「魂動」とそれを採用した「SHINARI」を発表してから10年になりました。

フォローしませんか?

 

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    この新たな文字に、車体のサイドシルエットを重ねると、見えてきます!次期マツダスタイルが。文字が少し縦長に描いている事で、ルーフを高めにしたモデルを登場させようとしているのではないでしょうか!背が高くても躍動感のあるものとして‼︎

  2. ヒーユンジ より:

    今年の秋頃から、来年以降登場予定のダミー擬装したテスト車両がスクープされ、その写真が各メディアやカー雑誌に掲載される事が多くなってくると思われるのですが、今頃の擬装は、ボディにマダラ模様のシールを貼っているだけのものもあって、シルエットがはっきりとわかる事が多い様にあります。が、昔は形状擬装した上に、ボディカバーをかぶせ、そのカバーが飛ばないように、テープか何かを貼っていたと記憶しています。私は、昔の方が妄想がより働いてワクワクしていましたが、今はニューモデルが出る半年前くらいから裸の写真が出たりするので、パブの時は新鮮味がなく、出たばかりなのに出て数年が経った様な印象になる事もあるのを思うと、テストコースでの擬装はもっと凝った形でシルエットが分からない様な工夫をして欲しいのと、新型発売前の公開はあまりして欲しく無いおもいが強い今日この頃です。