マツダが1位!米国コンシューマー・リポート、2021年版ブランドランキングを発表

米国コンシューマー・リポートが、2021年版のブランドランキングを発表しました。なんとマツダが第1位になりました。同誌信頼度評価に次ぐ高評価です。

Which Car Brands Make the Best Vehicles?

Our car brand report card this year saw some significant reshuffling as some brands rocketed up the rankings and others fell. Big moves can usually be attributed to changes in predicted reliability for individual models within a brand’s lineup. We determine reliability by asking our members in surveys to report on problems they’ve experienced with their vehicles.Mazda, Subaru, and Porsche were again among the top brands.

(今年の自動車ブランドレポートカードでは、一部のブランドがランキングを急上昇させ、他のブランドが下落したため、大幅な改造が行われました。大きな動きは通常、ブランドのラインナップ内の個々のモデルの予測される信頼性の変化に起因する可能性があります。信頼性は、調査のメンバーに車両で経験した問題について報告するよう依頼することで判断します。マツダ、スバル、ポルシェ が再びトップブランドになりました。)

Which Car Brands Make the Best Vehicles? – Consumer Reports

ブランドランキング方法

  • 総合スコア:ロードテスト、信頼性、所有者の満足度、安全性という4つの重要な要素に基づいています。
  • ロードテストスコア:購入した車両を50回以上のテストと評価にかけています。
  • 予測される信頼性評価:CRの自動調査で17の問題領域のメンバーによって報告された問題に基づいています。
  • 所有者の満足度の予測:CRメンバーが調査で、機会があれば同じ車両を再度購入すると言っているかどうかに基づいています。
  • 安全性:衝突試験結果の評価と、すべてのトリムに標準の実証済みの安全機能を備えた車両に付与される追加ポイントが含まれます。
  • グリーンチョイス:最もクリーンで排出量の少ない乗用車の1つとしてGreen Choiceの指定を受けたブランドのテスト済み車両の数を反映しています。

総合スコア

上位5つのブランドが、マツダ、BMW、スバル、ボルシェ、ホンダと日本とドイツのメーカーばかりというのは、満足度調査とは全く違う傾向になっているのが興味深いです。

マツダが1位!米国CRが2021年版ブランドランキングを発表
マツダには、グリーンチョイスがまだ無いです(MX-30 EV待ちですね)。

マツダが上位に位置したのは、サブコンパクトSUVクラスでCX-30がBest Cars of the Yearに選ばれていることも関わっていると思います。

その他、MX-5は満足度調査では高成績であり(CX-3はアレですが)、なにより信頼度調査でも第1位になっていることが大きかったのだと思います。ロードテストはそれほど高い評価ではないですからね…。

米国の有力な消費者団体が編集している専門誌コンシューマー・リポートによる自動車ブランドの信頼度評価で、マツダが第1位になりました!

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    オーナー満足度調査では最下位だったCXー3の事を思うと少し複雑です。アメリカでは、日本人と比べると体格が良い為、ただでさえ国内では狭いと揶揄されているのだから尚更狭く感じる事で評価が悪いのだと思います。やはりマツダは、今後の戦略の中で多少全高をハイトに振らないと厳しい感じはします。それと国内市場は逆にコンパクトさをもっと打ち出さないと、車両価格が高くなっている感が強い為、既存のユーザーも逃げてしまいそうで心配です。1.3Lの復活を願っています!