マツダがこの2か月で世界生産34,000台削減を検討との報道

ロイターの報道によると、マツダは、半導体不足の影響で2021年2月、3月で世界生産を34,000台削減する検討をしているそうです。

マツダ、世界生産を34,000台削減する?

Mazda Motor Corp is considering cutting its global output by 34,000 vehicles in February and March due to the shortage of semiconductors, two sources familiar with the matter said on Wednesday.

(マツダは、半導体不足のため、2月と3月に世界の生産台数を34,000台削減することを検討していると、この問題に詳しい2つの情報筋が水曜日に語った。)

Japan’s Mazda may cut global vehicle output by 34,000 in February and March, sources say | Reuters

記事では、さらに、「ブレーキシステムと安全部品に使用されるチップの供給が不足」「削減対象はCX-5、CX-30、Mazda3セダン」などと書かれています。

中国新聞の報道では、削減する対象は、Mazda3、CX-30、CX-5、CX-8、Mazda6など広い車種に及ぶとしています。さらに「影響は3月以降も続くとの見方もある」とは書かれていますが、果たしてどうなるのでしょう。

報道によると、世界的な半導体不足の影響でマツダも2021年2月に本社工場と防府工場で1万台ほどを減産する方針とのことです。