北米マツダ、2021年1月のセールスレポートを発表。前年比6.9%増加

北米マツダが、2021年1月のセールスレポートを発表しています。2020年1月と比較して6.9%増加となりました。

2021年1月の北米マツダ販売実績

2021年1月の販売は、前年同月比6.9%増の25,259台を売り上げています。前年と比較して営業日が一日少ないため営業日ベース(DSR)では前年比11.4%増となっています。

1月のトピックは、

  • 1月のCXシリーズは前年同月比6.9%の18,974台の販売でした。
  • CX-9の販売は、同5.7%の2,552台でした。
  • CX-5は、同5.2%の13,583台を販売しました。
  • CX-30は、同53.0%の3,624台を販売しました。
  • CX-3は、同67.4%の374台を販売しました。
  • MX-5は、同35.4%の536台を販売しました。
  • 乗用車系は、同7.2%の4,980台の販売でした。
  • Mazda3は、同22.0%増の3,046台を販売、2か月連続の増加となりました。
  • Mazda6は、同20.3%の1,398台を販売しました。

北米マツダ、2021年1月のセールスレポートを発表。
今月は、Mazda3もCX-30も前年同月比でプラスになりました。良いですねぇ。Mazda3は、ターボの発売以降、プラスが続いているので、その効果が出ているように想像できます。この先何ヶ月続くでしょう?

CX-5が、少〜しやばい感じがしてきました。RAV4の影響が出始めているような、いないような。RAV4と遠い親戚関係(?)となるCX-Xの登場で形勢に変化を起こして欲しいです。

メキシコのセールス

メキシコでは、前年同月比21.2%となる3,769台を販売しています。


Mazda Reports January Sales Results | Inside Mazda