マツダ、プラグインハイブリッド車を2022年度以降に発売

マツダ、プラグインハイブリッド車を2022年度以降に発売

中国新聞は、マツダが同社初のプラグインハイブリッド車を2022年度以降に発売すると報じています。

マツダはPHVをラージ商品群に導入

マツダは2022年度以降、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)を発売する。同年度から展開する車体の大きい「ラージ商品群」に導入する。エンジンとモーターを搭載し、家庭の電源など外部から充電できる。エンジンだけで走る車の販売を規制する動きが国内外で進む中、電動化の取り組みを強める。

マツダ、初のPHV 22年度以降に発売 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

記事では、他に、

  • (PHVは)直列4気筒エンジンと組み合わせる方向で開発している
  • ラージ商品群の中心は「マイルドハイブリッド」になるとみられる
  • ラージ商品群の第1弾は最量販のCX-5に近い大きさのSUVになる見通し

などと書かれています(特段新しいことが書かれているようにも思えないのですが)。


別記事には、マツダの電動化技術の使い分けを説明する表があります。

  • ラージ商品群
    • プラグインハイブリッド車
    • マイルドハイブリッド車
  • スモール商品群
    • 電気自動車
    • マイルドハイブリッド車
    • REを使った電動化技術

REレンジエクステンダーも、2022年初めにも発売されるはずなので、マツダにとっては2022年は、とても賑やかなお祭り騒ぎ(電動化騒ぎ?)になりそうです。

2021年3月期 第2四半期 決算説明会が行われ、プレゼンテーション資料が公開されています。なかなか興味深いことが書かれているので、少し触れてみます。