北海道マツダの試乗車は「Black Tone Edition」だらけ

北海道マツダの試乗車は「Black Tone Edition」だらけ

ふと、北海道マツダの試乗車を見ていたら、やたらと「Black Tone Edition」の文字が目に止まります。今、イチオシのグレードなんですかね?

「Black Tone Edition」がマツダのイチオシ?

CX-5の試乗車リスト

台数は43台ととても多いです(MX-30も43台)。

「Black Tone Edition」は、12月3日に発売になったばかりなのに12台も配備しています。

グレードの内訳と台数は、

  • PROACTIVE:16台
  • BLACK TONE EDITION:12台
  • Exclusive Mode:11台
  • L-Pkg:2台
  • 100周年特別記念車:2台

「Black Tone Edition」と「Exclusive Mode」で約半分の23台です。押しまくりです。

CX-8の試乗車リスト

全部で20台。

北海道マツダの試乗車は「Black Tone Edition」だらけ
グレードの内訳と台数は、

  • BLACK TONE EDITION:9台
  • PROACTIVE:6台
  • L-Pkg:5台

Mazda2の試乗車リスト

台数は、24台とまずまず多めです。


グレードの内訳と台数は、

  • PROACTIVE:14台
  • BLACK TONE EDITION:3台
  • 100周年特別記念車:3台
  • SMART EDITION:2台
  • L-Pkg:1台
  • White Comfort:1台

Mazda6の試乗車リスト

さて、大問題のMazda6です。最後に紹介するのも「オチ」だからです。新グレードが発売になろうと、試乗車は配備されません。まぁ、マツダ全体で売れていないのですから、ディーラーも購入を渋りますよね。残念!


さて、さて、ググっているうちにこのような記事を見つけました。

CX-5におけるグレードの販売比率を聞くと、ある程度それは成功しているように思える。ドア・ミラーとホイールを真っ黒けにした「ブラックトーンエディション」と、2.5ターボとディーゼルにしか設定のない「エクスクルーシブ・モード2種類の特別仕様がそれぞれ販売の20%ずつを占めているというのだ。つまり、カッコ優先の19インチ仕様を40%の方が選んでいらっしゃる。エクスクルーシブ・モードなんて、ナッパレザーの内装で、かなりオシャレだ。

継続はチカラなり──新型マツダCX-5試乗記 | GQ Japan

全国的見てもCX-5では、「Black Tone Edition」と「Exclusive Mode」が超売れ筋なんですね。どうりで。

「Black Tone Edition」は、100周年特別記念車とは違い好みのボディーカラーを選ぶこともできますし…ただ、特別仕様の装備に「LED室内照明」があるのが笑えます。


試乗車情報|【公式】北海道マツダ販売株式会社

マツダは、CX-5にディーゼルエンジンの最高出力向上や新世代マツダコネクトを採用しコネクティッドサービスを利用可能にするなどの商品改良を行い2020年12月3日より販売します。
マツダ、CX-8に新ボディーカラー「プラチナクォーツメタリック」の設定や、新世代マツダコネクトを採用しコネクティッドサービスを利用可能にするなどの商品改良を行い2020年12月17日に発売します。
マツダは、Mazda2にもMazda6、CX-5、CX-8に設定した「Black Tone Edition」を追加しています。
マツダは、Mazda6にボディーカラーに「ポリメタルグレーメタリック」を追加し、特別仕様車「Black Tone Edition」を設定するなどの改良を行い2020年12月3日より販売します。
 

フォローしませんか?