マツダ、ヨーロッパでもe-SKYACTIV Xの出力とトルクを向上

マツダオランダは、2021 CX-30を2021年1月に発売すると発表しています。e-SKYACTIV-Xの出力とトルクが向上しています。

オランダ向け2021 CX-30

リリースで見かけたのは、マツダオランダのものです。


Mazda heeft de populaire CX-30 een opfrisbeurt gegeven. De bestverkochte Mazda in Nederland staat vanaf januari als modeljaar 2021 in de showrooms voor prijzen die beginnen bij € 30.990,-. Alle versies zijn voorzien van het mild hybrid systeem van Mazda, hebben een verlaagde CO2 emissie ten opzichte van de vorige versie en het vermogen en koppel van de e-Skyactiv X motor zijn verhoogd.

(マツダは人気のCX-30を一新しました。 オランダで最も売れているマツダは、2021年モデルとして1月からショールームで30,990ユーロからの価格で販売されます。 すべてのバージョンはマツダマイルドハイブリッドシステムを備えており、以前のバージョンと比較してCO2排出量が削減され、e-SkyactivXエンジンの出力とトルクが向上しています。)

MAZDA CX-30 MODELJAAR 2021 IN JANUARI IN SHOWROOM

オランダでもe-SKYACTIV Xの最高出力と最大トルクを向上させています。ただし、日本仕様とは少し異なっています。

  • シリンダー容量:1,998 cc
  • ボア×ストローク:83.5 x 91.2 mm
  • 最大出力:137 kW(186 PS)/ 6,000 rpm
  • 最大トルク:240 Nm / 4,000 rpm
  • 圧縮率:15

最高出力が、日本仕様よりほんの僅かに低く、186PSとなっています。そして、圧縮率が16から15になっています。CO2排出量は、127〜149g/kmです。

マツダオランダのページでは、CX-30の旧(現)仕様を確認できないので、Mazda3で確認すると、やっぱり圧縮率は16.3なので今回の改良で低くなっているんですね。

オランダだけではなく、順次ヨーロッパ各国で仕様見直しが進むと思います。