マツダ、RX-7(FC系、FD系)のサービスパーツを復刻して再供給

マツダは、既に生産・販売を終了しているRX-7(FC系、FD系)のサービスパーツを復刻して再供給すると発表しています。

RX-7のサービスパーツを再供給

マツダ、RX-7のサービスパーツを復刻して再供給
マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「RX-7」をご愛用いただいているお客さまにこれからも長く乗り続けていただけるよう、供給終了となっている2代目および3代目の「RX-7」のサービスパーツを復刻して再供給いたします。

マツダは、2代目「サバンナRX-7」(1985年から1992年まで生産)と3代目「RX-7」(1991年から2002年まで生産)にお乗りいただいているお客さまや、ロータリーエンジン車を中心に扱う整備会社様とのコミュニケーションを通して特にニーズの高いサービスパーツを選定し、サプライヤー各社様のご協力のもとで復刻いたしました。これまでに供給が継続されているパーツに加えて、2代目は30点、3代目は61点の復刻パーツを2021年2月までに販売開始します。これらの復刻パーツは継続されているパーツと同様にマツダグループの販売店および部品販売会社を通じてご購入いただけます。

MAZDA NEWSROOMマツダ、「RX-7」のサービスパーツの再供給を開始|ニュースリリース

復刻するパーツリスト

マツダが公開している復刻するパーツリストです。


ロードスターが火を点けたように思える、古い車へのパーツ供給ですが、それなりの台数が市中にあるということですよね、多分。


これで、佐藤刑事や安室透も安心してRX-7を乗り続けられます…。

フォローしませんか?