マツダ、Mazda6のほんの一部のみを改良し発売

マツダは、Mazda6にボディーカラーに「ポリメタルグレーメタリック」を追加し、特別仕様車「Black Tone Edition」を設定するなどの改良を行い2020年12月3日より販売します。

「MAZDA6」の商品改良の概要

この度、2020年4月より販売している100周年特別記念車に、低速から中速、さらには高速域まで意のままに加速し、力強く上質な走りが特徴の2.5Lガソリンターボエンジンを追加設定し、お客様の選択肢を充実させました。また、外板色ポリメタルグレーメタリックを全機種に追加設定しました。

MAZDA NEWSROOM「MAZDA6」を一部改良|ニュースリリース

外板色「ポリメタルグレーメタリック」の追加

※ 100周年特別記念車を除く全車に設定
マツダ、Mazda6のほんの一部のみを改良し発売

特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の設定

  • 黒で引き締められた外観と、赤の差し色を取り入れた内装によって、スポーティさが増した、上質で精悍な装いを表現
  • ベース車は、20S/XD Black Tone EditionはPROACTIVE(プロアクティブ)グレード、25T Black Tone Editionは25T S Packageグレード

マツダ、Mazda6のほんの一部のみを改良し発売

100周年特別記念車を2.5Tに追加設定

※ 装備は25S/XD 100周年特別記念車と同じ

メーカー希望小売価格(消費税込)

価格帯:2,893,000円~4,482,500円


昨年の商品改良と同じ感想です、「はぁ? これだけ?」 2022年頃に登場するラージ商品群の第1弾はCX-5後継車とのことで、Mazda6後継車の登場はさらに先です。あと2年近くをのらりくらりとした商品改良でやり過ごす算段なのでしょうか? Mazda6ってマツダにとって乗用車の
フラッグシップモデルですよね? 搭載するディーゼルエンジンの最高出力は190PSのままとかあり得るの?(?マークだらけ)

マツダは、フラッグシップモデル「アテンザ」に2.5Lガソリンターボを追加する商品改良を機に車名を「Mazda6」と改め2019年7月4日から予約を開始、8月1日に発売すると案内しています。