北米マツダ、2020年11月のセールスレポートを発表。前年比10.8%減少

北米マツダが、2020年11月のセールスレポートを発表しています。2019年11月と比較して10.8%減少となり、2カ月連続増加から一転減少してしまいました。

2020年11月の北米マツダ販売実績

2020年11月の販売は、前年同月比10.8%の21,752台を、2020年通年では前年比1.7%の247,768台を売り上げています。

11月のトピックは、

  • MX-5を除く車種すべてが前年比マイナスになっています。特にCX-3が75.0%と大きく減らしています(台数では1,241台)。
  • 稼ぎ頭のCX-5でも、前年同月比13.0%の12,299台の販売でした。
  • Mazda3は同27.0%の2,613台、Mazda6は同21.0%の1,196台を販売しています。
  • 乗用車系の合計では同20.6%の4,419台、CXシリーズ合計では同7.9%の17,333台の販売となっています。

先月も触れましたが、CX-30を投入していなかったら、さらに2,649台減っていた(カニバリは無しとして)ことになるので、今のところ北米マツダの救世主的存在になっています。そのCX-30にもターボモデルのグレードと価格が発表になりました。

メキシコのセールス

メキシコでは、前年同月比6.9%となる5,768台を販売しています。2020年累積では前年同期比23.8%の41,274台でした。


Mazda Reports November Sales Results | Inside Mazda

コメント

  1. jomon より:

    CX-30様様ですね。
    selling days の1日当りのDSRで見ると、プラス傾向ですかね。

    CX-Xの販売開始までは、大きな販売台数増は難しそうですね。

  2. RX3cx より:

    10月20日頃からPCTC不足によって輸出できなく生産調整がかかったようです。
    今月から戻ってるみたいです。