[特許]マツダ、電動車両のフロア構造に関する特許を出願

マツダは、電気自動車など電動車両のフロア構造に関する特許を出願しています。

特開2020-185900 電動車両の下部車体構造

本発明はこのような課題に鑑みてなされたもので、側突性能を向上させつつトンネル部の前突荷重の伝達性能も向上させることができる電動車両の下部車体構造の提供を目的とする。

この発明は、ダッシュパネルと、車幅方向中央前部にトンネル部が形成されるフロアと、フロアの下方に配設されるバッテリユニットと、フロアの上方にて、該フロアの両サイドに配設されたサイドシル間を横架するフロアクロスメンバとを備えた電動車両の下部車体構造に関する。

マツダ、電動車両のフロア構造に関する特許を出願

マツダ、電動車両のフロア構造に関する特許を出願

特開2020-185900 | 知財ポータル「IP Force」(電動車両の下部車体構造)

関連特許

  • 特開2020-185901 電動車両の下部車体構造
    乗員の足元空間と、所望される側突性能とを両立して確保できる電動車両1の下部車体構造を提供することを目的とする。
  • 特開2020-185902 電動車両の下部車体構造
    側突性能を向上させつつ、コンソール支持ブラケットの軽量化およびその支持剛性の向上を図ることができる電動車両の下部車体構造の提供を目的とする。
  • 特開2020-185903 電動車両の下部車体構造
    側突性能の向上を図りつつ、シフトレバー支持ブラケットの支持剛性と、フロアパネルの振動抑制との両立を図ることができる電動車両の下部車体構造の提供を目的とする。
  • 特開2020-185904 電動車両の下部車体構造
    フロントフロアパネル8のトンネル部を不要にした場合であっても、所望される後突性能を確保できる電動車両1の下部車体構造を提供することを目的とする。
  • 特開2020-185905 車両の下部車体構造
    この発明は、シフトレバーの支持剛性の悪化を抑制しつつ、当該シフトレバーの下方に物置きスペースを確保することができる車両の下部車体構造の提供を目的とする。
  • 特開2020-185906 電動車両の下部車体構造
    重量増加を抑えて、所望される前突性能を確保できるとともに、センターコンソール3の支持構造の軽量化を図れる電動車両1の下部車体構造を提供することを目的とする。


センターコンソールの形状が、ヌケ感たっぷりなのでMX-30のように見えます。これらの「目的」を見ていると当初の設計では足りなかった部分を補うための変更で生まれた特許のようにも見えてしまうのですが、考えすぎかな?

マツダは、MX-30に採用したフローティング・コンソールように利便性の向上を図るセンタコンソール構造に関して特許を出願しています。
 

フォローしませんか?