マツダの「寒冷地仕様」を再確認(2020年版)

新世代商品群の第3弾である新型コンパクトSUV「MX-30」が発売されましたので、マツダ車の「寒冷地仕様」を再確認してみます。

マツダは、「寒冷地仕様を特に設定しておりません。全車寒冷地を考慮した仕様となっております。」という立場です。これは、MX-30も同様です。AWD専用装備があり、これが事実上の「寒冷地仕様」となっていると思います。

マツダ車の寒冷地仕様装備一覧

スペック表と取扱説明書から装備の有無を判断しています。

マツダ車の寒冷地仕様一覧(2020年版)
装備CX-8CX-5Mazda6Mazda3CX-30MX-30CX-3Mazda2
ヒーター付きドアミラー25S以外標準標準AWDのみAWDのみベーシックAWDのみAWDのみ
リアヒーターダクト3ゾーン対応リアベンチレーターリアベンチレーター標準リアベンチレーター標準?標準標準
ワイパーデアイサーAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみ
リアフォグランプAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみ
ヘッドランプウォッシャーAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみAWDのみ
シートヒーターFR25S以外プロアク以上プロアク以上プロアク以上プロアク以上ユーティリティプロアク以上プロアク以上
RR25S以外Lパケ以上Lパケ以上
ステアリングヒーター25S以外プロアク以上プロアク以上プロアク以上プロアク以上ユーティリティプロアク以上Sパケ以上

MX-30でいわゆる「寒冷地仕様」をしっかり装備しようとすると、ユーティリティパッケージは必須になります。

2019年11月にチェックしたときと、どの車種もそれぞれの装備が設定されるグレードの範囲はほとんどど変わっていません。相変わらずCX-8が謎仕様のままで、国内旗艦車らしさが足りていませんが、これで満足しているんですよね、マツダは…(ため息)。

ワイパーデアイサーやリアベンチレーターの愚痴は、どうせ何も変わらないので、飲み込んでおきます。

 

フォローしませんか?