2020年9月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました

2020年9月新車乗用車販売台数ランキング発表

2020年9月のマツダ車の販売は、だいぶ持ち直しているように見えます。そして、一番のトピックは、MX-30が648台も登録されていたことです。

2020年9月マツダ車販売台数(乗用車の一部)

2020年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
CX-30
〈2,500台〉
CX-3
〈2,000台〉
Mazda2
〈3,500台〉
MX-30
〈1,000台〉
1月1,5392072,7421,4722,9552872,124
2月1,5273002,9872,0163,7083762,397
3月2,3024044,1983,4805,6475275,616
4月5441869479641,2781541,258
5月5231588318489601551,510
6月6291729501,1881,3891,1451,920
7月9752181,5811,5001,6486502,125
8月1,3022331,6241,6581,9039681,977
9月1,8382,6062,2792,90511,863,354648
10月
11月
12月
9月CX-8Mazda6CX-5Mazda3CX-30CX-3Mazda2MX-30
合計11,1791,87818,46615,40522,3935,44822,281648
平均1,2422352,0521,7122,4886052,476648

今月の30位以内は、3車種で先月よりも減ってはいますが、台数がいずれも増えています。9月=期末だったせいでしょうか。多くの車種で月販目標をクリアしているのは、見ていて嬉しいものです。

MX-30が、648台も登録されているのは、やっぱり驚きです。マツダのホームページによると販売店舗数が946なので68.5%の店舗に配車できることになります。

Mazda3も販売前の月に登録がありましたが、確か5台くらいだったと思います。それと比べると、かなり力が入っているようですが、きちんと棲み分けを説明しながら売れるのでしょうか。「X」のことを思うと少し不安です。

MX-30のカタログを見るとオシャレ感満載で女性寄りなので、そこがCX-3やCX-30との区別なのでしょうかね。MX-30には、しっかり、台数を稼げるように育ってほしいですわ。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    今年は、MXー30のみが新型車登場と少し寂しい年となり、来年もまた辛抱の年となるのでしょうか?でもしかし、2022年からは、おそらく怒涛の新型車ラッシュになることと思っています。mazda2、mazda6、CXー3、CXー5、CXー8、もしかして既存車種の派生モデル、エンジンもスカイX、スカイD6気筒、1.5LスカイX、ロータリーREX、EV、そしてこれらの成功を納めた2025年頃には、マツダの最終兵器スカイREが・・・。