北米マツダ、2020年9月のセールスレポートを発表。前年比28.7%も増加

北米マツダ、2020年9月のセールスレポートを発表

北米マツダが、2020年9月のセールスレポートを発表しています。2019年9月と比較して28.7%もの増加となりました。Mazda6やCX-5の増加が寄与しています。

2020年9月の北米マツダ販売実績

2020年9月の販売は、前年同月比28.7%増の24,237台を、2020年通年では前年比2.3%の203,280台を売り上げています。

9月のトピックは、

  • CX-5の販売台数は、発売以来最高の9月で、前年同月比31.5%の13,582台を販売
  • CX-9の販売台数は2011年以来最高の9月で、同13.8%の2,183台を販売
  • Mazda6の販売台数は、同29.7%の1,451台を販売
  • Mazda3とCX-3のみが前年同月比マイナスとなり、それぞれ同27.7%の2,535台、同68.9%の436台を販売


比較的低価格のグレードを投入して巻き返しを図っていたはずのMazda3のセールスがイマイチです。ターボが発売される年末以降が次の巻き返しのチャンスです。次はユーザーの気持ちにはまって欲しいです。

メキシコのセールス

メキシコでは、前年同月比4.8%となる4,089台を販売しています。2020年累積では前年同期比28.3%の31,078台でした。


Mazda Reports September Sales Results | Inside Mazda

 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    体格の良い人が多いアメリカの地では、コンパクトSUV車は厳しい様でCXー3が伸び悩んでいるようです。それにしてもアメリカでは、CXー5はもっかドル箱になっていて、それだけが救いです。各車種が均等に1万台ずつ売れると嬉しいんですけど、BTー50を売ればもう少しかさ上げできそうな気もするのですが、何かもったいない思いでいっぱいです。