北米マツダ、2021 CX-9を発表!センターディスプレイ大型化、グリル変更など

北米マツダ、2021 CX-9を発表!センターディスプレイ大型化など

北米マツダは、2021 CX-9を発表しています。センターディスプレイを10.25インチに大型化、グリルデザインの変更などが行われました。

テクノロジーとデザインをアップデート

IRVINE, Calif. (Aug. 18, 2020) – The Mazda CX-9 is the brand’s flagship three-row midsize crossover SUV, able to meet the practical needs of a family while still appealing to owner’s sense of style and driving enjoyment. For 2021, CX-9 receives upgrades to its technology and styling. New exterior designs are met by a high-class interior featuring new seat patterning and the largest infotainment display to be equipped on a CX-9. Additionally, new Carbon Edition model helps owners express their individuality with bold styling. Mazda North American Operations today announces the 2021 Mazda CX-9 will arrive in dealerships later this month.

2021 MAZDA CX-9: EXHILARATING ELEGANCE | Inside Mazda

2021 CX-9の概要

  • センターディスプレイを10.25インチに大型化
  • 最新世代のマツダコネクト搭載
  • カーボンエディションをラインナップ
  • 2020年8月末に発売
  • 新デザインのチタングレーメタリック仕上げのフロントグリル(シグネチャートリム)
  • 新デザインの20インチブリリアントシルバー仕上げのアルミホイール(シグネチャートリム)

搭載するSKYACTIV-G 2.5Tのスペックはそのまま。標準設定のi-ACTIVSENSEには、ストップアンドゴー機能付きのMRCC、歩行者検出付きのAdvanced SCBSが含まれますが、新機能の追加はない模様。

そういえば、CX-9には、ハンズフリーパワーテールゲートを採用していますが、横展開はしていませんね…。

マツダカナダも2021 CX−9を発表しています。こちらでは、100周年特別記念車も合わせて発表しています。

 

フォローしませんか?