マツダCX-30開発主査インタビューからSKYACTIV-Xの今後について

CX-30開発主査インタビューからSKY-Xの今後について

マツダCX-30開発主査である佐賀へのインタビューからSKYACTIV-Xの今後について話している部分に注目してみました。とても興味深いことが書いてあります。

SKYACTIV-Xの今後について

モーターファンの記事から。SKYACTIV-Xに関するマツダの考え方、進化の方向性などのヒントがあるように読めます。


MF:さて、SKYACTIV-Xです。圧縮着火燃焼を火花点火で制御するという革新的なSPCCI 燃焼を実現したエンジンを世に出した。革新的ゆえに不具合も出ているのではないかと推測しているのですが、いかがですか?

佐賀氏:いいえ。不具合はほとんど出ていません。SKYACTIV-Xには、これまでのエンジンより多くのセンサーを付けていて、そこからのデータがかなり集まっていますコネクテッド技術で繋がっていますから、膨大なデータを収集できています。それを分析していますが、不具合はほとんどないですね。


MF:逆に言えば、まだかなり安全マージンをとっているってことでしょうか。SKYACTIV-Xのポテンシャルはまだまだあると思うのですが、今後はどうしていくお考えですか?

佐賀氏:方向性はふたつあると思っています。ひとつは、新世代エンジンとしてこれをマツダのスタンダードエンジンにしていくという考え方です。もうひとつは、もっとパワーとトルク、気持ちよさを追求したハイパフォーマンスな方向です。Xにはエアサプライとしてスーパーチャージャーが付いています。いまは送風機として使っていますが、スーパーチャージャーですから過給もできるわけです。


MF:レスポンスが自然吸気エンジンみたいで過給エンジンのトルク感があるSKYACTIV-Xなら、わかりやすいですね。今日は、SKYACTIV-Xがわかりづらい! という話ばかりしてしまいました……。

佐賀氏:たとえば、SKYACTIV-Xの『気持ちよさ』は、ある程度運転の技術をお持ちでクルマをコントロールできる方はわかりやすいんだけど、結局そのいわゆる解釈する分解能っていうとちょっと話が難しくなっちゃいますが、そういうところが正直解釈しにくいのであれば、それを解釈しやすいようにしてあげる。たとえば、それはサウンドかもしれないし、メーターの針の上がり方、そういった演出のところもある。もしかしたらトルクとかパワーの出し方とかね。そういったところにもあるのかもしれないです。そのあたりは当然いまもいろいろと考えています。今後うまく開発を進めて、かつ、どうにか、いま乗っていただいているお客さまにもなにか還元できないかなって考えています。


MF:いまSKYACTIV-Xに乗っているかたにも、ですか。それ、興味ありますね。

あぁ! これ以上は言えません! ついついしゃべりすぎてしまいそうになる(笑)。SKYACTIV-Xは新技術なので、じつはデビューしたあともいろんな技術的な知見がたまっています。毎月いろんな技術報告を受けているなかで、マイナーチェンジとかこのあとどうするかを議論をしているので、ぜひ楽しみにしていてください。


『SKYACTIV-Xはどう進化させる?』マツダCX-30開発主査に訊く「CX-30のX比率は現在国内では約5%、欧州では40-50%です」(後編)|MotorFan[モーターファン]|ページ 2/2

SKYACTIV-Xの進化にはとても期待している

「X」を試乗した時の自分の感想を読み返すと、「エキゾーストサウンドの作り込みが欲しい」「加速時のトルクを厚めにして欲しい(短時間にどばっとトルクを出して欲しい)」みたいなことを勝ていました。

似たようなことを感じている人はいるんですね。新技術なだけあって、最初の姿ではなく改良を加えた姿で長く付き合いたいと思っていて、マイナーチェンジを待っているところなので、こうしてヒントらしき事を話してもらえるとありがたいです。

マイナーチェンジでは、分りやすい数字的裏付けを強化する(パワーアップと燃費改善)ことと、フィーリングの改善(多くの人の感想・期待に近づける)が行われることを期待しています。ただ、ターボやディーゼルに敵わない点があるのは明らかなので、販売現場でも「X」の必要性・重要性(CO2排出量削減、人馬一体)をきちんと説明できるようにもして欲しいです。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    私もこの記事を読みました。大変、興味ある内容で、頼もしさを感じました。”今乗って頂いているお客様にも何か還元出来ないかを考えている”とのコメントが印象的で、プログラムの書き替えでパワーアップが出来るのか、はっきりとはわからないものの、興味があります。それに、まだまだ手を加える要素がある様で、今後もワクワク感が消える事なく、楽しませてくれる気がします!