マツダ、デミオとベリーサ向け「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

マツダは、DE系デミオ、DC系ベリーサ向けの後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を2020年7月6日から発売しました。

マツダも後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

マツダは、既販車の「MAZDA デミオ」「MAZDA ベリーサ2」を対象に、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置*3」を、全国のマツダ販売店を通じて本日より販売します。

マツダ、デミオとベリーサ向け「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

マツダ、デミオとベリーサ向け「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売

MAZDA NEWSROOMマツダ、後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売|ニュースリリース

ペダル踏み間違い加速抑制装置とは?

慌ててブレーキとアクセルを踏み間違えたときや、バックでアクセルを踏みすぎてしまったときに、サポートをする装置です。

加速を抑制しますが、自動で停止する機能はありません。必ずご自身でブレーキペダルを踏んで停止してください。

機能1

前方・後方の障害物に向かって、急発進してしまった場合の加速を抑制します。

  • あわててブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまったとき
    進行方向約3m以内にある壁を検知し、お知らせします。表示機のブザー音「ピッピッピッ...」
  • 万が一ブレーキと間違えてアクセルを強く踏んでしまったとき
    加速が抑制され同時に車内の表示機にアラートが表示されます。表示機のブザー音「ピ------ 」
機能2

後退時に速度が出過ぎないように、加速を抑制します。

  • 切り返しの時に、ブレーキとアクセルを間違えてしまったとき
    後退時に約5km/h以上になってもアクセルを踏み続けるか、約5km/h以上でアクセルを踏んでしまっても加速が抑制されます。同時に車内の表示機にアラートが表示されます。表示機のブザー音「ピピピピ...」

マツダ|ペダル踏み間違い加速抑制装置|アクセサリー

メディア

マツダは、なかなか動画で説明することをしないので、トヨタ系の動画を貼っておきます。これを見ると「ペダル踏み間違い加速抑制装置」の機能がよく分かります。

トヨタ後付けの踏み間違い加速抑制システムを発売 (Toyota retrofit unintended acceleration prevention / Japanese)

対象車種

  • DE系デミオ
    • 車台番号DE***-100001~ ※注:EV車(700001~)は対象外です。
    • 車両仕様トランスミッション:AT車、CVT車
    • 製造時期 ’07年~ ’14年
  • DC系ベリーサ
    • 車台番号DC***-200001~ ※補足:100001~200000は対象外です。
    • 車両仕様トランスミッション:AT車
    • 製造時期 ’05年~ ’15年

メーカー希望小売価格は、67,100円(税込)ですが、サポカー補助金が40,000円なので、実質27,100円(+工賃)で取り付けることができます。

 

フォローしませんか?