Mazda3、2020年5月のグローバル販売台数は18,238台

Mazda3、2020年5月のグローバル販売台数は18238台

マツダが、2020年6月29日に発表した「マツダ、2020年5月の生産・販売状況について(速報)」によると、2020年5月のMazda3のグローバル販売台数は18,238台でした。

2020年5月のMazda3グローバル販売台数について

BP系Mazda3のグローバル販売台数の定点観測(?)です。

国内販売とグローバル販売


Mazda3の販売台数は、次のとおりでした。

  • 国内販売台数:847台(前年同月比60.5%
  • グローバル販売台数:18,238台(同33.2%
販売台数は下げ止った?

2020年5月の国内販売は僅か848台(JADA調べ)だったので、この中にSKY-G 2.0 AWDやセダンSKY-G 1.5がどれだけ含まれていても数字に「貢献」したかどうかはよく分からないでしょうね。

反転攻勢として、最大市場のアメリカではMYの更新に合わせて、待ち望まれていた形に近い大きなテコ入れがありそうで、販売台数の増加が期待できそうです。


MAZDA NEWSROOMマツダ、2020年5月の生産・販売状況について(速報)|ニュースリリース

マツダが、2020年5月28日に発表した「マツダ、2020年4月の生産・販売状況について(速報)」によると、2020年4月のMazda3のグローバル販売台数は11,987台でした。


クロスオーバーSUV系には次々と強力なライバルが登場していて、マツダの新型車が倒叙するまでの空白期間に「席」がすべて埋まるのではないかと不安になります。Cセグメントハッチバックではどうでしょう?

 

フォローしませんか?

コメント

  1. jomon より:

    5月はメキシコ工場は止まっていたと思うので、海外生産のCX-30は中国生産分ですかね、、
    6月以降の中国でのCX-30販売貢献が楽しみですね。

    米国販売は、9月?以降のmazda3の2.0Lの販売貢献と、CX-30の多売ですかね、、

    欧州はコロナ以降の販売優遇策が出てこない様なので、全メーカー苦行が続きますかね、、

  2. 新星 より:

    Mazda3 チビチビとクレードを増やしてはいますがどれだけ販売増に貢献してるのか?
    Cセグのセダン、ハッチバックは日本ではどの車種も需要があまりないようなので、カローラを見習ってステーションワゴン(ワゴンぽい形のハッチ)を追加した方が販売は増えるかもしれません。