[特許]マツダ、ヘッドアップディスプレイ装置を備えた車両の内装構造に関する特許を取得

マツダは、ヘッドアップディスプレイ装置(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)を備えた車両の内装構造の特許を取得しています。

特許6712460 車両の内装構造

本発明は、ヘッドアップディスプレイ装置を備えた車両の内装構造に関する。

フロントウィンドゥに多種多様な情報を投影する場合、自ずとHUD装置による光線の投影範囲が拡張する。表示サイズの大きい投影画像を作るには、投影光源からフロントウィンドゥまでの光路長を長くする必要がある。インストルメントパネルとフロントウィンドゥとは近接しており、両者間では光路長を稼げないことから、HUD装置の筐体内において投影光線を反射するミラーを配置するなどして、光路長を確保せねばならない。このため、HUD装置は、大サイズ、大重量のユニットになる傾向がある。

本発明によれば、ヘッドアップディスプレイ装置をインストルメントパネル内において強固に支持できる一方で、インストルメントパネルに対してヘッドアップディスプレイ装置を容易に脱着可能な車両の内装構造を提供することができる。

マツダ、HUD装置を備えた車両の内装構造に関する特許を取得

マツダ、HUD装置を備えた車両の内装構造に関する特許を取得

特許6712460 | 知財ポータル「IP Force」(車両の内装構造)

新型車の設計のようにも見える説明図ですね。Mazda3とCX-30に使われているデザインとは異なっています。雰囲気からするとラージ商品群とも違うように思えますが…。どんな車を念頭に置いた説明図なのでしょう。

類似の特許が取得されていました。この特許は、アメリカでも取得されいています。

マツダは、新型Mazda3で採用したADD(HUD)まわりのインストルメントパネルの構造に関して特許を出願しています。
 

フォローしませんか?