マツダ、7月から夜間操業再開、8月から通常の昼夜勤務へ

報道によると、マツダは国内工場の夜間操業を7月1日から再開する方針とのことです。また、8月から通常の体制戻す見込みだそうです。

マツダ、7月から夜間操業再開、8月から通常の昼夜勤務へ

マツダが、3月末から休止している国内工場の夜間操業を7月1日に再開する方針を固めたことが18日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、操業を昼だけにとどめてきた。需要の急減で膨らんだ在庫が解消してきたとみられ、減産を緩和する。中国地方の多くの部品メーカーにとっても稼働率の回復につながる。

マツダ、夜間操業再開へ 7月1日、国内工場の減産緩和 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

8月から全面的に通常の体制(昼夜の2交代勤務)に戻す見込み。ただし、稼働率もコロナの拡大前と同水準になるかは分からない。広島県のある部品メーカー幹部は「欧州の需要が回復しない限り、完全な稼働には戻らないだろう」と話す。

新型コロナ:マツダ、8月から通常稼働へ 7月も生産調整  :日本経済新聞


これで、国内での納期が正常(短縮)化されるなら嬉しい話です。Mazda3を生産している防府第1工場の夜勤は7月最終週の再開を見込んでいるそうです。

マツダは、世界的な需要減などにより国内外の完成車工場の操業を休止します。これにより国内の納期に影響が出る可能性があるとのことです。
 

フォローしませんか?