[特許]マツダ、SPCCI燃焼が可能なエンジンの燃焼室構造に関する特許を出願

マツダは、SI燃焼とSPCCI燃焼とを併用するガソリンエンジンの燃焼室構造に関する特許を出願しています。

特開2020-84789 エンジンの燃焼室構造

本発明の目的は、SPCCI燃焼を行う幾何学的圧縮比が15以上の高圧縮比エンジンにおいて、スワール流を圧縮行程後期まで維持できるエンジンの燃焼室構造を提供すること、並びに、SI燃焼とSPCCI燃焼とを併用する同エンジンにおいて、タンブル流及びスワール流の双方を圧縮行程後期まで維持することができるエンジンの燃焼室構造を提供することにある。

マツダ、SPCCI燃焼が可能なエンジンの燃焼室構造の特許出願

マツダ、SPCCI燃焼が可能なエンジンの燃焼室構造の特許出願

マツダ、SPCCI燃焼が可能なエンジンの燃焼室構造の特許出願

特開2020-84789 | 知財ポータル「IP Force」(エンジンの燃焼室構造)

この他に6件の関連特許を出願しています。


今後数年間は、SKYACTIV-Xがマツダを支えるエンジンになるのでどんどん改良を加える必要もあるのでしょうし…コスト低減もお願いしたいところです。

自動車用ピストンを製造するコルベンシュミットは、SKYACTIV-X用ピストンを生産するラインを新設し量産を始めています。
 

フォローしませんか?