[特許]マツダ、ロータリーエンジンの構造に関する特許を出願

マツダは、ロータリーエンジンの構造、特にサイドハウジングに関する特許を出願しています。

特開2020-84931 ロータリピストンエンジン

本発明は、ロータリピストンエンジンに関し、特に、サイドハウジングに吸気ポートと排気ポートとが形成されたロータリピストンエンジンに関する。

本発明の目的は、低回転運転領域の燃焼安定性を向上可能なロータリピストンエンジンを提供することである。

マツダ、ロータリーエンジンの構造に関する特許を出願

マツダ、ロータリーエンジンの構造に関する特許を出願

マツダ、ロータリーエンジンの構造に関する特許を出願

特開2020-84931 | 知財ポータル「IP Force」(ロータリピストンエンジン)

特開2020-84932 ロータリピストンエンジン

本発明は、ロータリピストンエンジンに関し、特に、一方のサイドハウジングに第1吸気ポートと、この第1吸気ポートよりもリーディング側に配置されて閉口時期が遅い第2吸気ポートとが形成されたロータリピストンエンジンに関する。

本発明の目的は、燃費改善を図りつつ低負荷運転領域等の燃焼安定性を向上可能なロータリピストンエンジンを提供することである。

特開2020-84932 | 知財ポータル「IP Force」(ロータリピストンエンジン)

特開2020-84933 ロータリピストンエンジン

本発明は、ロータリピストンエンジンに関し、特に、一方のサイドハウジングにクランク軸に対する径方向外側から吸気作動室を指向するように隣り合う複数の吸気ポートが形成されたロータリピストンエンジンに関する。

本発明の目的は、燃費改善を図りつつ加速応答性とインジェクタの配置スペース確保とを両立可能なロータリピストンエンジンを提供することである。

特開2020-84933 | 知財ポータル「IP Force」(ロータリピストンエンジン)


こうしてロータリーエンジンに関する特許が出願されたり、取得されたりすると開発だけは継続されているんだなとほっとするのですが…。まずは、発電用でもいいので市場にロータリーエンジンを復活させる(量産する)ことで、その先が開けるのではと思います。

マツダは、車両を駆動させるためのロータリーエンジンに関する特許を出願しています。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    過去には、6PI、シーケンシャルターボ、レネシスと色々試行錯誤しながらも搭載され続けたロータリーエンジン、まだまだ未知なところが多く、開発に携わる方々は大変だと思われます。開発・実験の段階でもしかしたら、今までの問題(燃費、環境)をいっきに解決する策が見つかるかもしれないし、電動化するよりもより環境に優しいエンジンが出来上がるかもしれない!燃費だってリッター30km走る様になるかもしれない。かつての10A、12A、13Bロータリーを各1個ずつ組み合わせたマルチ2ロータリーとか、ロータリーハウジングに伝導コイルを埋め込んで電動モーターの様に回すリニアロータリーとか、排気ポート直前にプラグを付けて残った燃料を完全燃焼させるとか、軽油燃料、灯油燃料、一部私の思い込み技術もありますが、いろんな事が試せる面白いエンジンだと思います。それもこれも必要なのは、資本と人の数なのでしょうか!