2020年5月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました

2020年5月新車乗用車販売台数ランキング発表

軒並み販売台数が1,000台を下回るなど今月の数字も厳しいです。30位以内はMazda2のみです。

2020年5月マツダ車販売台数(乗用車の一部)

2020年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
CX-30
〈2,500台〉
CX-3
〈2,000台〉
Mazda2
〈3,500台〉
1月1,5392072,7421,4722,9552872,124
2月1,5273002,9872,0163,7083762,397
3月2,3024044,1983,4805,6475275,616
4月5441869479641,2781541,258
5月5238318489601,510
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
5月CX-8Mazda6CX-5Mazda3CX-30CX-3Mazda2
合計6,4351,09711,7058,78014,5481,34412,905
平均1,1872742,3411,7562,9103362,581

CX-5とCX-8はどちらも前年比40%以下、Mazda3は同50.4%です。ブランドとしても乗用車は、前年比49.1%と先月よりも悪化しているんですね。

6月以降、工場の休止はなくなり、100周年特別記念車が登録され始めるので、この状況が改善されるはずなのですが…。


乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

マツダは、2020年6月からの生産拠点の操業予定などを案内しています。国内全てとメキシコ工場では休止はありません。