北米マツダ、2020年5月のセールスレポートを発表。ほぼ前年並みに

北米マツダが、2020年5月のセールスレポートを発表しています。2019年5月と比較して1.0%のみの減少にとどまっています。

2020年5月の北米マツダ販売実績

2020年5月の販売は、前年同月比1.0%の24,933台を、2020年通年では前年比10.5%の103,543台を売り上げています。

5月のトピックは、

  • CXシリーズでは、CX-9のみが前年同月比でプラスとなり20.8%増の2,421台を売り上げています。
  • MX-5の販売台数は、同30.7%増の1,102台でした。
  • 乗用車系(Mazda3、Mazda6)は、同31.8%でしたが、CXシリーズは同10.7%増でした。
  • CX-30の販売台数は、3,583台でした。仮にこれが無ければ前年同月比15.2%になっていました。
  • CXシリーズが、北米マツダの販売台数に占める割合は、76.1%にもなっています。

北米マツダ、2020年5月のセールスレポートを発表

メキシコのセールス

メキシコでは、前年同月比50.0%となる2,324台を販売しています。2020年累積では前年同期比31.6%減の17,166台でした。


Mazda Reports May Sales Results | Inside Mazda

カナダのセールス

カナダは、メキシコ並みに厳しい状況が続いています。2020年5月の販売台数は、乗用車系では、前年同月比56.6%の1,081台、CXシリーズでは、同35.5%でした。トータルでは、同43.7%の3.589台、2020年累積では、前年同期比39.6%の16,017台でした。


Mazda Canada reports sales for May 2020 – Jun 2, 2020

 

フォローしませんか?

コメント

  1. jomon より:

    中国はCX-30発売直前なのに、+30%行きましたね。

    CX-30のバラマキ販売で販売台数を確保して行かなと、固定費、生産等の経費倒れの状況を向け出せません。
    目指せ年間160万台ですね。