英国マツダの100周年コンテンツ、写真だけでも楽しめる

マツダイギリスの100周年コンテンツが、マツダの歴史を振り返る意味でも面白いですが、何より古い写真を数多く見ているだけでも楽しめます。

Mazda at 100

アナログな色合いとボケ具合の写真がいかにも当時というの雰囲気を伝えてきます。記事を公開順にピックアップして、その中から写真を一枚だけ関連する章と一緒に引用しました。内容は機械翻訳しています。

Mazda at 100 | a century of records

この100年にマツダが残した記録(レコード)。

それが到着し1960年に開始された場合でも、マツダ初の乗用車は、六十年代の経済ブームが車の所有者を受け入れて日本国民を見て同じように、記録破りの販売印象を作成したマツダR360は「マツダの最初の車でしたが、日本への到着した可能性がありますケイカーのマイクロカー市場は大きな成功を収め、魅力的な2 + 2クーペは1960年に日本の自動車市場の65%を占め、日本の自動車市場全体の15%を占めました。

英国マツダの100周年コンテンツ、写真だけでも楽しめるR360クーペ

Mazda at 100| a century of records | Inside Mazda

Mazda at 100 | love of the epic drive

84時間ニュルブルクリンクでレースをするなどの長大なドライブの記録。

1967年に発売されたマツダコスモ110Sは、60年代後半の宇宙レースに対する魅力にちなんで名付けられたツインローターロータリーエンジンを搭載した世界初の量産車で、この洗練されたスポーツクーペは、重要なヨーロッパの輸出市場。

英国マツダの100周年コンテンツ、写真だけでも楽しめるマツダコスモ110s

Mazda at 100 | love of the epic drive | Inside Mazda

Mazda at 100 | 60 years of coupes

以前取り上げたクーペの話のイギリス版です。

最高のクーペはまた、マツダの製品哲学のすべての中心的な要素である、剛性、空気力学、軽量化などのパフォーマンス向上構造を提供します。実際、日本の自動車メーカーは最初からクーペのベンチマークを設定しています。その最初の乗用車はクーペでした。実用的で手頃な価格の、2ドアの全長2.96 mのマツダR360もスタイリッシュで、クラス最軽量の車として運転するのも楽しいものでした。

マツダR360

Mazda at 100 | 60 years of coupes | Inside Mazda

Mazda at 100 | history of the MX models

MXモデル(シリーズ)の歴史。とても面白いコンセプトカーをいっぱい作っていたんですね。そして、市販車に直接つながるMXモデルもあったんだ、と。

1回限りのテーマは、同じく過激に見えるコンセプトカーである1985年のマツダMX-03にも引き継がれましたが、今回はトリプルローター315psエンジンを搭載した、挑発的なコンベンションスポーツカーでした。純粋にコンセプトとして考えられたこの低くスラングしたクーペは、ホイールではなく航空機風のヨーク、デジタルディスプレイ、ヘッドアップディスプレイを備えたキャビンを備えた純粋で未来的な豊かさでした。その技術の集計には、4輪ステアリングも含まれています。そして、全輪駆動でありながら、長い低体は空力Cd値がわずか0.25でした。

Mazda MX-03 concept

Mazda at 100 | history of the MX models | Inside Mazda

Mazda at 100 | Mazda’s notable world firsts

マツダの「世界初」は、結構たくさんあるじゃん!…そうか、これもマツダが初めてだったんだという驚きも。

マツダは群れを追った企業ではありませんでした。1995年に、最初はMazda Xedos9で、最近では日本のMazda2で、Miller Cycleエンジンを開発して使用した最初の自動車メーカーになりました。以前は大容量エンジンに限定されていたミラーサイクルエンジンは、船舶や列車で使用され、ポンプ損失を低減することで効率を改善し、高圧縮時の温度を下げることにより、高エンジン負荷でのNOxの制御に使用されていました。

Mazda Xedos9

Mazda at 100 | Mazda’s notable world firsts | Inside Mazda

Twitterでも見逃せない写真が

2020年5月からのツイートだけでもお腹いっぱいです。記事と連動していて記事では紹介していない写真もたっぷりです。むしろこっちのほうが目で見て楽しいかも、です。






 

フォローしませんか?