マツダ、「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を提供開始

マツダは、2020年5月22日からグランツーリスモSPORTに「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」の提供を始めています。

デジタルモータースポーツ・新しい挑戦が始まります挑戦を止めることはありません

マツダ、「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を提供開始

デジタルモータースポーツを通してマツダファンを増やしたい


マツダ株式会社(以下、マツダ)は、株式会社ポリフォニー・デジタルと共同で開発した「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を、『グランツーリスモSPORT』ゲーム上で2020年5月22日(金)午後3時(日本時間)からオンラインで提供を開始します。RX-VISION GT3 CONCEPTはマツダの最新のバーチャルレースカーで、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントから販売中のPlayStation用ドライビングシミュレーションゲーム『グランツーリスモSPORT』のすべてのユーザーの皆さまがドライビングを楽しめます。

MAZDA NEWSROOMマツダ、バーチャルレースカー「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」オンライン提供を開始|ニュースリリース

さらにマツダは、「近年注目を集める「デジタルモータースポーツ」を愛好する幅広い層に向け、クルマを操る愉しさを感じていただき、より多くの皆さまにマツダのファンになっていただきたいと考えます。」とし、「「デジタルモータースポーツ」を通じ、新しい生活様式に対応しながらクルマ文化の発展に貢献したいと願っている。」としています。

グランツーリスモSPORTでマツダ車を使うと良いことがある?

RX-VISION GT3 CONCEPTなどのマツダ車を使うユーザーは、次のような特典(?)があるとのこと。

  • 「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」世界大会(ワールドツアー)に出場できるシード権を自動的に獲得
  • 第75回国民体育大会の『グランツーリスモSPORT』部門にもRX-VISION GT3 CONCEPTで参戦可能

マツダ創立100周年記念スペシャルプロジェクト

RX-VISION GT3 CONCEPT Time Trial Challenge

マツダ、「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を提供開始

RX-VISION GT3 CONCEPTを使って競うワンメイクタイムトライアルイベントで世界一に挑戦してみませんか?

スパ・フランコルシャン・サーキットを使ったタイムアタックイベントを開催。エントリー期間は、2020年5月22日(金)15:00(パッチリリースに必要なメンテナンス終了後)〜2020年6月5日(金)23:59。ワールドタイムランキングの1位から3位のフィニッシャーに賞が授与されます。

RX-VISION GT3 CONCEPT Time Trial Challenge

RX-VISION GT3 CONCEPT Livery Design Contest

RX-VISION GT3 CONCEPTの独自のカラーリングとデカールを施して、デザインデザインコンテストに応募できます!

RX-VISION GT3 CONCEPTを装飾するためのデザインコンテストで、ゲーム内のカラーリング機能を使用してデザインを作成して、Twitterのハッシュタグ「#rxvcontest」を付けてで共有します。Mazda 100th Anniversaryロゴを必ず含めるなどの注意事項があります。

実施期間は、2020年5月22日(金)15:00(パッチリリースに伴うメンテナンス完了後)〜2020年6月19日(金)23:59。リバリーデザインコンテストの終了後、マツダデザインチームは慎重にグランプリ受賞者を選び、その他の優秀な作品をいくつか受賞します。入賞作品は、同社公式サイトのイベント専用ページに掲載され、優勝者にはマツダ限定のお土産が贈られます。

RX-VISION GT3 CONCEPT Livery Design Contest

MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT : Unveiled

MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT : Unveiled

雑感

これまで、マツダが創立100周年に合わせてロータリーエンジン搭載車を復活させるのではないかという噂が長い間、何度も出てきていましたが、結局、登場したのが「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」。そして、どこかの雑誌がロータリースポーツカーを市販前にレースに参戦させて…のようなことを書いていましたが、それもこれもひっくるめて「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」が一つの答えだったということなら、少し寂しです。

開発が間に合っていないという話もありますが、RX-VISIONを世に出した以上、マツダには、現実の世界で登場するRXスポーツカーの夢を見続けられる燃料を投下して欲しいです。

マツダが10月27日に行ったプレゼンテーションで、ロータリーエンジン搭載車の発売にヒントをくれたようです。
Autocarが、新型MX-5のプラットフォームを流用する新型RX-7が2020年に登場すべく開発中であると伝えています。
 

フォローしませんか?