マツダMX-30に使われている環境に優しい素材と技術

マツダMX-30に使われている環境に優しい素材と技術

マツダは、欧州各国でマツダが開発した環境技術を訴求するコンテンツを公開しています。英国マツダのコンテンツを再構成してみます。

マツダが取り組む環境に優しい素材と技術

As a global society we have become more aware of the impact we have on the environment and the need to create a sustainable future through developing products and processes that are contributing towards the reduction of emissions and materials that have an adverse effect on the environment. In response to this need Mazda has been at the forefront of plastic recycling for over three decades and was the first automotive manufacturer to recycle bumpers from end-of-life cars.

(グローバル社会として、私たちは環境への影響と、環境に悪影響を与える排出量と材料の削減に貢献する製品とプロセスの開発を通じて持続可能な未来を創造する必要性をより意識するようになりました。このニーズに応えて、マツダは30年以上にわたってプラスチックリサイクルの最前線に立ち、使用済み自動車からバンパーをリサイクルする最初の自動車メーカーでした。)

Mazda MX-30 highlights Mazda’s 30-year commitment to eco-friendly plastics | Inside Mazda

リサイクルされたペットボトルから作られた再生布

MX-30ドアの内部パネルの上部は、リサイクルされたペットボトルから作られた再生布でトリミングされています。テキスタイルとプラスチックファイバーを一体成形する新手法の開発により、やわらかい肌触りで加工が容易な素材を作ることができました。

プレミアムビンテージ人工皮革

有機溶剤ではなく水を使用して生産され、環境への影響を軽減します。人工皮革は本物に代わる貧弱なものでしかないという常識を覆すものです。高品質の人工皮革ベースにヴィンテージの革の質感を印刷し、表面層の厚さを正確に制御したシリコーンコーティングを施して、素材に深みのある外観と心地よい質感を与えます。

使用済みプラスチックのリサイクル

マツダは1992年に使用済みバンパーをリサイクルする最初の自動車メーカーでした。当初、これらのバンパーはペンやアンダートレイなど目に見えなかったプラスチック自動車部品の製造に使用されました。

マツダは2011年までに世界初のリサイクル技術を十分に開発し、使用済みのバンパーを、マツダビアンテミニバンで最初に使用された新しい車のバンパーで使用するのに十分な品質のプラスチック樹脂に変換できるようにしました。現在、すべての新しいマツダ車で再生プラスチックが広く使用されています。

2011年までに、マツダは使用済みのバンパーをプラスチック樹脂に変換できるように、世界初のリサイクル技術を十分に開発しました。これは、マツダビアンテミニバンで最初に使用された新しい車のバンパーで使用するのに十分な品質のものでした。 現在、すべての新しいマツダ車で再生プラスチックが広く使用されています。

バイオエンジニアリングプラスチック

プラスチック開発のもう1つの世界は2015年に発生し、植物由来の材料から作られたバイオベースのエンジニアリングプラスチックが開発され、石油資源の使用と二酸化炭素排出量が削減されました。

バイオプラスチックは、従来の塗装プラスチックよりも高品質な仕上げが特徴で、屋内および屋外の両方で使用できます。バイオプラスチックの最初の使用は2015年のMX-5であり、その後CX-5、Mazda3、Mazda2、CX-30で使用されMX-30で使用されます。

マツダは、2017年8月8日に行った技術開発長期ビジョン説明会の模様を収録した動画を公開しています。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    MXー30の内装、シートの色彩が明るくて、すごく良いです。グレー系の色あいをもっと他の車種にも取り入れて欲しいです。