マツダ、CX-3にSKYACTIV-G 1.5搭載グレードを追加!

マツダ、CX-3にSKYACTIV-G 1.5搭載グレードを追加!

マツダは、CX-3に軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する、SKYACTIV-G 1.5搭載グレードを追加しています。

CX-3にSKY-G 1.5搭載グレード「15S」「15S Turing」追加

マツダは、ひっそりとCX-3にSKY-G 1.5搭載グレードを追加、すでに発売中ということでしょうか? 新グレードのカンタン見積りは可能です。

SKYACTIV-G 1.5スペック

エンジンの理想状態を追求した革新技術を採用し、軽快なパフォーマンスと優れた燃費性能を発揮する高効率直噴ガソリンエンジン。アクセル操作に対するリニアな応答性や伸びやかな加速感など、さまざまなシーンをスムーズに運転できる心地よい走りを実現します。

  • 最高出力:最高出力:82kW〈111PS〉/6,000rpm
  • 最大トルク:144Nm〈14.7kgf・m〉/4,000rpm
  • WLTCモード燃費:17.0km/L

Mazda2に対して+1kW〈1PS〉、+3Nm〈0.3kgf・m〉と僅かな差があります。

その他の変更点

  • ようやく、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応
  • ボディーカラーにポリメタルグレーメタリックを追加
  • ケンウッドの2カメラ・ドライブレコーダー設定(以前から?)

きっと他にもあるのでしょうけど、よく分かりません。それにしても、エクステエリアデザインには手を付けず…フロントグリルは、現行ラインナップで唯一第6世代風味たっぷりのままです。2020年後半にはヤリスクロスも発売されるらしいですから、こんな中途半端な改良では焼け石に水でしょう。

メーカー希望小売価格(税込)

  • 15S
    • 2WD(6EC-AT):¥1,892,000
    • 4WD(6EC-AT):¥2,122,200

  • 15S Touring
    • 2WD(6EC-AT):¥1,991,000
    • 4WD(6EC-AT):¥2,221,200

  • 100周年特別記念車(15S Touringベース)
    • 2WD(6EC-AT):¥2,653,000
    • 4WD(6EC-AT):¥2,883,200

巷で言われているトヨタ ライズ対抗という言い訳を真に受けて、その価格を見てみると¥1,697,000(1.0L/2WD)から2,282,200(1.0L/4WD)と車両本体価格の比較では、まぁまぁですけど、あちらさんには値引きがありますからね…(もしかしてCX-3の値引きは甘いのかな?)。


MAZDA CX-3|クロスオーバー SUV |マツダ

マツダCX-3にSKYACTIV-G 1.5を搭載したモデルが近日登場するとの広告が出回っています。


3年前にこんなことを書いていました。

先日の決算発表で「量販価格帯のグレードの拡充」を言及したマツダ。正価販売を続けるなら「安価な正価」を設けるしか無いですもんね。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    密かにスカイG、1.5Lが追加発売されたCXー3。もの足りなさはあるかもしれませんが、これは嵐の前の静けさというか、いずれ大幅な改良がされる可能性が残されたということではないのでしょうか!mazda2と共にフルモデルチェンジは2〜3年は無い可能性がある為、年末か来春頃に最後の大幅なマイナーチェンジをして、その時にエクステリアにも手を加えるのではと思って、いや妄想しています。