[特許]マツダ、SKY-Xの吸気装置及びその組立方法の特許を出願

マツダ、SKYACTIV-Xの吸気装置及びその組立方法に関する特許を出願しています。

特開2020-41490 エンジンの吸気装置及びその組立方法

本発明はエンジンの吸気装置及びその組立方法に関する。

本発明によれば、互いの溶着によって第1及び第2の両バルブ配設部を形成する第1及び第2の両ダクト部材の一方に、当該ダクト部材単独でバルブ回転用のシャフトを支持するシャフト支持部と、当該ダクト部材単独でアクチュエータを支持するアクチュエータ支持部が設けられているから、両ダクト部材の溶着に伴ってその合わせ部に多少の変形を生じても、それがシャフト及びアクチュエータの支持に与える影響は小さく、よって、バルブの作動不良を招くことが避けられる。

マツダ、SKY-Xの吸気装置及びその組立方法の特許を出願

マツダ、SKY-Xの吸気装置及びその組立方法の特許を出願

マツダ、SKY-Xの吸気装置及びその組立方法の特許を出願

マツダ、SKY-Xの吸気装置及びその組立方法の特許を出願

特開2020-41490 | 知財ポータル「IP Force」(エンジンの吸気装置及びその組立方法)

このエンジンは、大型のグリルシャッター(7)と見覚えのある蓄熱カバー(21)、を備えているので、SKYACTIV-Xだろうという推測で件名などに「SKY-X」を使っています。もしかしたら、未知のエンジンの可能性もあります。

この他に関連する特許も出願しています。

マツダは、SI燃焼とSPPCI燃焼を切換えるようなエンジンにおいて適切なエンジン温度へすみやかに変更する冷却装置の特許を出願しています。
 

フォローしませんか?