北米では実質上CX-5ディーゼルを廃止?

北米では実質上CX-5ディーゼルを廃止?

北米マツダのホームページを見ると2019 CX-5としてディーゼルエンジンがラインアップされているようですが、実質上廃止されているようです。

2019 CX-5ディーゼルモデルは販売中?

北米マツダのホームページを見ると、「2019 CX-5 SKYACTIV-D」がラインアップされています。しかし、よく見ると他の車にはある「BUILD」という文字はありません。

SHOPPING TOOLS」から「SELECT YOUR MODEL」ページに遷移すると2019MYのCX-5を詳細を見る子ができるはずですが、ここでもディーゼルモデルを見ることはできません。

ディーゼルモデルの詳細を見せないようなページの作りになっていることから、実質上ディスコン状態ではないですか!?ただ、TEST SRIVEの予約機能が残っていたり…そもそもラインアップには残っている(カナダはディーゼルモデル記載無し)ので、在庫販売(処分)が続いているのでしょうか。

アメリカでは、マツダCX-5ディーゼルモデルが最高10,000ドル値引きされているそうです。在庫処分セール?なわけないでしょうけど...。

Mazda6ディーゼルモデルは発売するの?

北米マツダが、Mazda6ディーゼルモデルの投入を予告してから一年近く経ちました。着々と準備が進んでいる風ではありますが、そもそもあまり売れていない車に対して、さらに高価で人気がないエンジンオプションを追加するなんて、CX-5の二の舞になることは火を見るよりも明らか…でしょう。

TTACが、ようやくアメリカで発売が決まったマツダCX-5ディーゼルについてその価格からガソリンターボで充分ではないと主張しています。


The Mazda CX-5 Diesel Is Still AWOL – The Truth About Cars