北米マツダ、 2020 CX-3の大幅割引を開始

北米マツダ、 2020 CX-3の大幅割引を開始

北米マツダは、2020 CX-3に最高2,000ドルものインセンティブを提供しているそうです。

発売直後の最新CX-3を値引き

Mazda is rolling out big discounts in some parts of the country to help sell the CX-3 following the arrival of the CX-30. According to a bulletin sent today to dealers, the company is now offering up to a $2,000 cash incentive on the latest version of the CX-3, an unusually generous amount this early in the model year.

(マツダは、CX-30の到着に続いてCX-3の販売を支援するために、国の一部で大きな割引を展開しています。 ディーラーに本日送信された速報によると、同社は現在、CX-3の最新バージョンに対して最大2,000ドルの現金インセンティブを提供しています。)

2020 Mazda CX-3 Discounts Are Starting to Soar – CarsDirect

もともとCX-3とCX-30と価格差は1,260ドルしかないので、これでCX-30とCX-5の価格差に近づきます。標準装備が盛りだくさんになっているとはいえ、2020 CX-3は内外装に手が入っていないままなんですよねぇ。

ヨーロッパでは商品改良を前に販売を控え、アメリカでは割引をしながら販売を継続するんですね。

アメリカでは、マツダCX-5ディーゼルモデルが最高10,000ドル値引きされているそうです。在庫処分セール?なわけないでしょうけど...。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    おそらく、既存在庫車両を一掃させる為の措置ではないかと思われます。そう、改良したCXー3を迎える為に!それにしても音沙汰なしの状態が続いて、全く改良の情報が見えない現在ですが、それだけ秘密にしておきたい何かがある様な気がしています。外観、エンジン、内装と大幅に改良されているのか、あるいは全く新しいとてつも無いメカニズムを導入してくるのか、CXー5、8、30の様にオフロードにも対応すべく車高を上げてくるのか、早くコイコイ新型CXー3!

  2. jomon より:

    いよいよCX-20の登場ですかね、
    mazda2とCX-20を共通設計して価格帯を下げた方が良いかと、、