マツダ、中国製部品の不足に備え国内生産順を変更

中国新聞によると、マツダは、中国製部品を使う車種を後回し、影響の小さい車種を先に生産する方針とのことです。

国内生産順を変更

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、マツダの国内工場は車を造る順番を変えて対応している。調達の環境が見通しにくい中国製の部品を使う車種を後に回し、影響が小さい車種を先に造る方針とみられる。「部品の在庫は一定にあるが、欠品のリスクや物流の状況を総合的に考えた」としている。生産量に大きな変更はないもよう。

マツダ、国内生産順を変更 新型肺炎拡大で中国製部品不足に備え | 地方経済 | 中国新聞デジタル

中国からは軽く運びやすい部品を中心に調達しているとのことですが、どの車種を後回しにしているかなどは非公表です。

 

フォローしませんか?