いよいよ今年か?北米向けにSKY-Dを搭載したMazda6が認証される

北米向けSKY-D搭載Mazda6が2020年に発売される可能性

2020年型とするSKYACTIV-D 2.2を搭載するMazda6が、CARB(カリフォルニア州大気資源局)の認証を受けたているそうです。発売は今年後半にも?

北米向けSKY-D搭載Mazda6が2020年に発売される可能性

For close to a decade, Mazda said it would bring its latest generation of diesel engine, Skyactiv-D, to the United States. And for most of that time, it said that engine would appear in the Mazda6. Last year Mazda finally brought us the engine in the CX-5, and it looks like this year, the 6 will finally get it, too.

(10年近くの間、マツダは最新世代のディーゼルエンジンであるSkyactiv-Dを米国に持ち込むと語った。そして、そのほとんどの期間、エンジンはMazda6に登場すると言われていました。昨年、マツダがついにエンジンをCX-5に搭載しました。今年は6機もついに搭載されるようです。)

Mazda6 diesel may launch this year based on CARB documents | Autoblog

CX-5は、なんとか販売にこぎつけましたが、その後は順調な売れ行きとは言えないようです。北米仕様の車種が2020年年型に移行する中、ディーゼルエンジン搭載のCX-5は、2019年型のままです。

アメリカでは、マツダCX-5ディーゼルモデルが最高10,000ドル値引きされているそうです。在庫処分セール?なわけないでしょうけど...。

2020 MODEL YEAR: VEHICLE MODELS INFORMATION

CARB(カリフォルニア州大気資源局)の資料(PDF)には、2020年型としてディーゼルエンジンを載せているMazda6が記載されています(一部を抜粋)。


SKY-Dを搭載したCX-5は、あまり人気がなさそうなのに、そこにこれもあまり人気がないセダンにディーゼルエンジンをあえて載せるという判断は正しいのでしょうか。

SKY-X 3.0が登場するまで辛抱できるかなぁ。

マツダは、CX-5に次いで北米市場のMazda6にもSKYACTIV-Dを載せ、AWDと組み合わせて最上級グレードに追加するとしています。

コメント

  1. jomon より:

    SKY-D GEN2、直6SKY-3.3Dへ繋ぐ布石ですかね、、

    北米向けのビジョンクーペには、600Nmの直6ディーゼルを積んで欲しいですね。

  2. ヒーユンジ より:

    布石だと思います。他のメーカーがやって無い事を今のうちにラインナップしておけば、ディーゼル=マツダというイメージが植付けられて、もしかしてディーゼルのトルクフルさがダイナミックなアメリカ市場で認められ、広まっていったならマツダへ目が向けられる日がやってくるかもしれません。燃費良し、パワー良しとなればアメリカ市場に浸透してゆく可能性はあると思っています。あの広大な土地が多いアメリカでEVが全土に広がるのは、欧州に比べるとかなり時間を要すると思うことからも、ディーゼルが伸びる余地は十分あると!