マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」が国際的な技術開発賞を受賞

マツダの「SKYACTIV-X」が国際的な技術開発賞を受賞

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」が、ドイツ「auto motor und sport」誌による『International Paul Pietsch Award 2020』を受賞しました。

インターナショナル・パウル・ピーチュ・アワード 2020

「auto motor und sport」のウェブページを見ると、この賞について次のように書かれていました。

In diesem Jahr hat auto motor und sport eine Liste mit zehn Vorschlägen preiswürdiger technischer Innovationen erstellt. Voraussetzungen für die Nominierung einer Innovation sind Serienreife und nachvollziehbarer Nutzwert für die Kunden auf den Gebieten Umwelt, Komfort, Sicherheit und Wirtschaftlichkeit. Aus der Liste der Vorschläge wählte eine Redaktionsjury ihre Favoriten.

(今年、「auto motor und sport」は、賞に値する技術革新のための10の提案のリストをまとめました。 イノベーションを推薦するための前提条件は、環境、快適性、安全性、経済性の分野の顧客に対する一連の成熟度と追跡可能なユーティリティです。 編集審査員が提案リストからお気に入りを選びました。)

Paul Pietsch Award 2020: Skyactiv-X-Motor von Mazda gewinnt – auto motor und sport


受賞に際して、欧州マツダのボス青山氏は、

「2020年の最も革新的な技術開発に対する編集チームの賞を受賞できたことを非常に嬉しく思います。 私たちの見解では、内燃機関の最適化はまだ完了していないことを繰り返し強調してきました。 Skyactiv-Xテクノロジーにより、私たちは理想的な内燃機関の継続的な追求においてさらに大きな一歩を踏み出す決定的なマイルストーンに到達しました。」

„International Paul Pietsch Award“ für den Mazda Skyactiv-X Motor

と話しています。

Best Cars 2020

また、「auto motor und sport」などによる読者投票で、「コンバーチブルインポートカテゴリ」でMX-5/MX-5 RFが2位(?)、Mazda3がコンパクトモデルインポートカテゴリで3位を獲得しています。


SKYACTIV-Xといえば、市場投入前から賞をもらっていましたね。

マツダは、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」が、「2018 Edison Award」の表彰式において金賞を受賞したと発表しました。


マツダ公式アカウントからも受賞を喜ぶツイートがありました。

 

フォローしませんか?