2020年1月新車乗用車販売台数ランキングが発表になりました

2020年1月新車乗用車販売台数ランキング発表

2020年最初のランキングは、マツダにとって少し厳しい結果になっているように見えますが…どうでしょう?

2020年1月マツダ車販売台数(乗用車の一部)

2020年マツダ車新車販売台数(一覧表) – 黄色い部分は、30位圏外になった月を示しています –
CX-8
〈1,200台〉
Mazda6
〈1,000台〉
CX-5
〈2,400台〉
Mazda3
〈2,000台〉
CX-30
〈2,500台〉
CX-3
〈2,000台〉
Mazda2
〈3,500台〉
ロードスター
1月1,5392072,7421,4722,9552872,124
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月CX-8Mazda6CX-5Mazda3CX-30CX-3Mazda2ロードスター
合計1,5392072,7421,4722,9552872,124
平均1,5392072,7421,4722,9552872,124

Mazda3の販売台数が、とても発売後1年未満とは思えないです。月販目標の73.6%では及第点はあげられないですね。SKY-G 2.0+AWDがカンフル剤になるでしょうか?

CX-30とCX-5、CX-8が気を吐いて月販目標をクリアしています。それでもCX-30の販売台数は物足りなさを感じます。マツダ車が爆発的に売れることはこの先あるのでしょうか…少し寂しさを感じます。


乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

コメント

  1. nos より:

    メーカー全体の販売台数が前年比97%って考えたらそこまで悲観するような内容じゃないでしょ

  2. ヒーユンジ より:

    mazda2、CXー5あたりは、もう少し売れて欲しいところではありますが、1月ということを考えるとまずまずであると思います。mazda3に関しては、暫くは様子を見て、もし今のグレード展開でパッとしない場合は、提案なのですがファストバックに1.5Lの評判が悪く無い事から、mazda2に搭載予定のスカイX・1.5Lをファストバックとセダン共に搭載して、エントリーグレードとして追加発売するとか、スカイDの1.5Lも追加して、選択肢を増やすことでお買い得感をアピールすると、車は全然悪く無いので台数アップにつながるのではないかと考えたりしています。いかがでしょうか!