マツダ創立100周年のサプライズに期待!

マツダ創立100周年のサプライズに期待!

もう間もなくマツダは、創立100周年の記念日(2020年1月30日)を迎えます。事前にアナウンスされていることと言えば、ホームページの更新のみです。

サプライズ発表はある?ない?

マツダの公式ツイッターは、創立100周年記念日に「MAZDA 100TH ANNIVERSARY」のページを更新するとアナウンスしています。


きっと、社長の記者会見くらいは催されるとは思います。その時には、マツダ全社員の夢でもあるSKYACTIV-Rについて、何か驚かせてくれる発表を期待したいです。

2015年にRX-VISIONなんてヤバい車を公開して、ファンの心に火を点けておいてその後5年間も何も無しなんて、そりゃないでしょう。

2022 Mazda RX-7

海外では、2022 Mazda RX-7なんてレンダリングが登場しています。


There had been some exciting rumors about a new rotary performance car to celebrate Mazda’s centenary in 2020, but that’s not going to happen.

(2020年にマツダの100周年を祝うために、新しいロータリーパフォーマンスカーについてエキサイティングな噂がいくつかありましたが、それは起こりません。)

2022 Mazda RX-7 Rendering Looks Too Good To Be True

Motor1.comの記事は、ネガティブ…というか、それが現実かもしれません。しかし、100周年を迎え、さぁ次の時代を創るぞ!という意思表示にもSKYACTIV-Rは、良い材料だと思います!

新型RX-7でもRX-9でも…新型コスモスポーツでもウェルカムでっせ(笑)。


関連記事:

マツダは、2020年1月30日に創立100周年を迎えるにあたり「マツダ100周年サイト」を公開し、あわせてカウントダウンを始めています。
マツダは、創立90周年の2010年にアクセラとビアンテ、デミオの90周年記念特別仕様車を発売しています。すると、創立100周年の2020年にも何か発売されるのでしょうか?
マツダは、2017年8月8日に行った技術開発の長期ビジョン発表の場で、多くの技術のロードマップも示しています。
マツダが10月27日に行ったプレゼンテーションで、ロータリーエンジン搭載車の発売にヒントをくれたようです。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    サプライズ発表!ロータリー復活宣言、マツダ100周年を迎え、次期ロータリー搭載車名は、”RX-001” となるのでしょうか?私の妄想は突っ走っています。ただでさえ、マツダがクリアしなければならない課題が山積みな為、ロータリー復活まで手が回らないのが現状だと思います。でも、夢が現実になることを信じてやみません。