マツダ、2019年のドイツ市場でシェア2%を達成

独マツダは、2019年に71,630台を販売し市場シェア2%を達成しています。これは2006年以来の最高の販売実績になります。

マツダ、ドイツで2019年一年間にに71,630台を販売

マツダ、2019年のドイツ市場でシェア2%を達成
Das Jahrzehnt ist für Mazda mit einem Verkaufsrekord zu Ende gegangen: 2019 hat Mazda Motors Deutschland gemeinsam mit den rund 440 deutschen Mazda Händlern mit 71.630 Neuzulassungen das beste Jahresergebnis der abgelaufenen Dekade erreicht und damit sieben Jahre in Folge den Absatz im hart umkämpften deutschen Pkw-Markt gesteigert. Der sich daraus ergebende Marktanteil lag mit 2,0 Prozent exakt auf Jahreszielhöhe des japanischen Herstellers.

Rekordjahr für Mazda: Fast 72.000 Neuzulassungen im deutschen Pkw-Markt

2019年12月のハイライトは…

  • 7年連続で登録数が増加し、2006年以来の最高の販売実績
  • 71,630台の新しい車両が登録され、2.0%の市場シェアという年間目標が達成された
  • 強力な12月、7,133の新規登録

2019年に販売された個々の台数を見てみます。

  • Mazda2:9,910台
  • Mazda3:9,931台
  • Mazda6:6,083台
  • CX-3:19,054台
  • CX-30:3,305台
  • CX-5:19,135台
  • MX-5:4,202台(30周年記念車を含む)
  • その他:10台
    合計:71,630台

ドイツでもっとも多く売れたのはCX-5で、ほんの僅かの差でCX-3が2番目です。CX-30は昨年9月に発売後3か月弱で3,305台を販売しています。アメリカよりも最初の売れが良いですね。

ドイツマツダは、2019年11月に6,601台を販売しました。前年同月比では26.7%増と大幅な増加になりました。そして、マツダ車の中では今月もCX-3が最も多く売れています。
 

フォローしませんか?

コメント

  1. jomon より:

    欧州全体の12月販売は、50%増の勢いの様ですね。
    フランスもリリースしてますね。

    取りあえず、SKY-XもCX-30も出足好調ですね。