英国マツダ、CX-3を2020年の販売リストから除外

イギリスマツダは、2020年の販売リストからCX-3を除外しました。しかし、永久的ではなく一時的な措置のようです。

イギリス向けマツダCX-3の生産は終了

イギリスマツダのホームページから、CX-3の価格が無くなっています!グレードを一つに絞るとか言う話ではないんですね。
英国マツダ、CX-3を2020年の販売リストから除外

CX-3のページには、このように書かれています。


PRO­DUC­TION OF THE MAZDA CX-3 HAS CEASED AND RE­MAIN­ING STOCK HAS AL­MOST SOLD OUT. WE WOULD THERE­FORE EN­COUR­AGE YOU TO CON­TACT YOUR LOC­AL DEAL­ER IF YOU ARE IN­TER­ES­TED IN PUR­CHAS­ING ONE OF THE RE­MAIN­ING CX-3 MODELS.

(マツダCX-3の生産は終了し、残りの在庫はほぼ完売しました。したがって、残りのCX-3モデルのいずれかを購入することに関心がある場合は、お近くの販売店にご連絡ください。)

Mazda CX-3 | Best Small SUV | Mazda UK


Autocarの記事には、次のようにCX-3が今年後半に再販される可能性が書かれています。

However, a Mazda UK spokesperson told Autocar the decision is “for the moment, not forever”, meaning there’s a possibility the CX-3 could return to market later this year with updates including more efficient, mild hybrid engines.

しかし、英国マツダの広報担当者はAutocarに対し、決定は「今のところ、永久ではない」と語った。これは、CX-3が今年後半に、より効率的なマイルドハイブリッドエンジンを含むアップデートを行い市場に戻る可能性があることを意味する

Mazda CX-3 removed from sale ‘for the moment’ | Autocar

これは、英国向けのCX-3にSKY-G 1.5 M Hybridを設定するまでの措置かもしれませんね。先日、MX-5のSKY-G 2.0搭載車の供給を減らすという話があったので、これにリンクしていると思われます。

ヨーロッパ諸国での動向

ドイツフランスイタリアスペインオランダポーランドのホームページを確認すると、はっきりと生産終了のような文言を掲載しているところはありませんでした。

 

フォローしませんか?

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    CXー3の大幅改良、もしかして海外先行販売のMXー30のEV、しかもロータリーエクステンダーを搭載して国内EV第一号車をCXー3に担わせ、これを機に車名をCXー20へと変更するのでは、あるいは1.5Lディーゼルを復活させ、加えてCXー30との差別化として、1.5Lガソリン車を追加するとか、となればエクステリアも大幅刷新される可能性があるかも・・・。