[特許]マツダ、レンジエクステンダー車の排気構造で特許を取得

マツダは、レンジエクステンダー車の熱い空気流による乗員の足元の違和感を解消できる排気構造で特許を取得しています。

特許6617933 電気車両の排気構造

REX車(レンジエクステンダタイプ)は、充電専用エンジンの搭載により航続距離を大幅に拡大することができる。
しかし、エンジンが稼動する充電時において、後席乗員の乗降快適性を損なう虞がある。
REX車では、バッテリの保有電力が所定閾値以下に低下した場合、運転状態に拘らず、エンジンがジェネレータを最大発電効率にする回転速度になるように制御されている。
つまり、エンジン稼動時には高回転に維持されているため、排気管から排出される排気ガス温度が高くなり、充電時に後席乗員が乗降する場合には、足元に熱い空気流による違和感を覚える虞がある。

本発明の目的は、運転状態に拘らず熱い空気流による乗員の足元の違和感を解消可能な電気車両の排気構造等を提供することである。

マツダ、レンジエクステンダー車の排気構造で特許を取得

マツダ、レンジエクステンダー車の排気構造で特許を取得

特許6617933 | 知財ポータル「IP Force」(電気車両の排気構造)

ロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダーEVの開発にはいい噂が聞こえてこないのですが、大丈夫ですよね?


レンジエクステンダー アーカイブ » T’s MEDIA