マツダの北米専用CX-Xはアウトドアに適したSUVに

マツダの北米専用CX-Xはアウトドアに適したSUVに

中国新聞によると、マツダが北米専用として計画しているCX-X(仮)は、アウトドアに適したデザインでCX-5並のサイズになるとのことです。

マツダの北米専用SUVはCX-5級のサイズ

マツダが米国の新工場で造る新型のスポーツタイプ多目的車(SUV)をCX―5級のサイズで検討していることが分かった。米国で最も人気がある大きさで、郊外で使いやすい機能にしてCX―5との違いを出し、新たな顧客を開拓する。北米専用車として2021年にも発売する。

北米新SUVはCX―5級 マツダ検討、21年にも発売 | 中国新聞デジタル

記事では、

  • CX-5と同じ「コンパクトSUV」クラスに追加することで、逃していた顧客の取り込みを図る
  • CX-5と用途で違いを出す。CX-5は「洗練された街乗り」、CX-Xはアウトドアに適したSUVにする
  • CX-Xは、スモール商品群の車両構造にする
  • CX-5より車体を大きくする可能性がある
  • 2021年に北米専用車として発売する

と書かれています。


どちらかというと、CX-5は本格SUV的な立ち位置だった思うのですが、北米専用車であるCX-Xの方がよりアウトドアに適した車になるようです。場合によってはCX-5よりも大きくなる可能性もあるとは…。

北米専用としてCX-30と同じようなサイズでは、訴求力が足りないのでは?と思っていたので、CX-5並のサイズになるなら納得感はありますね。ただ、今現在、ラージプラットフォームがあればもっと分かりやすい車種構成を作れたと思われるので残念です。

さて、結局どちらになるのでしょう?

Automotive Newsでは、マツダのアメリカ専用SUVのサイズをCX−5以上CX-9以下になる可能性があると報じています。
日経新聞によると、マツダが2021年にアメリカで発売を予定しているアメリカ専用SUV「CX-X」のサイズは、「CX-30」と「CX-5」の中間らしいです。

マツダ流の「使い勝手の良さ」の追求が試されます。今度は、「積めない」「乗れない」では済まされません。

 

フォローしませんか?