ドイツではやっぱりマツダCX-3は人気あり

ドイツAUTO ZEITUNG主催の「Auto Trophy 2019」でマツダの3車、MX-5、Mazda3、CX-3が好成績を収めています。

Auto Trophy 2019

ドイツではやっぱりマツダCX-3は人気あり
Wie schon im letzten Jahr schafften es auch in der 32. Ausgabe der Auto Trophy, einer großen Leserwahl der AUTO ZEITUNG, drei Modelle von Mazda auf das Siegertreppchen. Aus einem Pool von 202 Modellen 40 unterschiedlicher Marken konnten die Leser ihre Favoriten in 24 Kategorien bestimmen.

(昨年と同様、マツダの3つのモデルが、AUTO ZEITUNGの主要な読者投票であるAuto Trophyの第32版で表彰台に上がりました。 40の異なるブランドの202モデルのプールから、読者は24のカテゴリでお気に入りを選択できます。)

Mazda MX-5: Kult-Roadster siegt bei Auto Trophy 2019

AUTO ZEITUNGのホームページでは、この話題を見つけることができませんでしたが、ドイツマツダのニュースリリースによると…。

Auto Trophy 2019でのマツダ車の成績

輸入車コンバーチブルカテゴリー

競争相手がラグジュアリーというかスーパーカーばかりの中、手頃な価格で楽しい走りのマツダMX-5がトップになっています。

  1. マツダMX-5(18.0%)
  2. アストンマーティンDBSスーパーレジェラヴォランテ(14.4%)
  3. フェラーリポルトフィーノ(9.8%)
輸入車コンパクトカテゴリー

シュコダとセアトというフォルクスワーゲングループに挟まれてマツダは健闘したと言えるのかな?

  1. シュコダ オクティバ(17.8%)
  2. Mazda3(11.88%)
  3. セアト レオン(11.86%)
25,000ユーロ以下のSUVカテゴリー

3番手にジムニーが入っているのは、さすが(?)ですが、お手頃価格のクロスオーバーSUVとしてマツダCX-3は人気がありますね。

  1. シュコダ カミク(16.8%)
  2. マツダCX-3(11.3%)
  3. スズキ ジムニー(11.0%)

マツダCX-3は、いまのところ売れていますが、CX-30が登場した後でもそのまま人気を保つことできるかどうか。基になりますね。

ドイツマツダのニュースリリースによると、2019年10月に6,186台を販売してシェアを2.2%を獲得しているとのこと。その内訳は...。

コメント

  1. ヒーユンジ より:

    ニューモデルが出ると既存モデルはどことなく忘れられてしまう傾向があります。CXー3もその例にもれず、個人的には好きなモデルなので何ともやるせない気持ちになってしまいます。今でも言われるのが”狭い”という言葉。私はそんなに狭いとか、使い便利が悪いとか、あたかも良いとこ無しみたいな扱いをされていて全く面白くありません。マツダさん、CXー3は、まだまだ魅力いっぱいのモデルですので、世間を見返す様な驚き仕様を出して下さい!1.5LスカイGとか、1.5Lスーパーチャージャーとか、ロータリーエクステンダー1号車とか何でも良いです。どうかお願い致します‼︎