マツダ「MX-5(ロードスター)を電動化しても軽量を維持」

マツダ「MX-5(ロードスター)を電動化しても軽量を維持」

Autocarが、MX-5(ロードスター)の将来のパワートレインについて廣瀬氏と前田氏にインタビューした記事を掲載しています。

MX-5(ロードスター)を電動化しても軽量化できる必要がある

R&D boss Ichiro Hirose said: “The lightweighting and compact size are essential elements of MX-5, so even if we apply electrification, we have to make sure it really helps to achieve the lightweighting of the vehicle.”

(研究開発部門のボスである廣瀬一郎氏は、「軽量でコンパクトなサイズはMX-5の重要な要素であるため、電動化を適用したとしても、車両の軽量化の実現に本当に役立つことを確認する必要があります」と話した。)

Mazda ponders MX-5’s future | Autocar

この他、前田氏は、今後のスポーツカーのあり方のようなことを話しています。

“The preference of people who enjoy driving sports cars might be changing, so we need to think about what direction society is going,” he said.

(「スポーツカーの運転を楽しむ人々の好みは変化している可能性があるため、社会がどの方向に向かっているかを考える必要があります。」

そして、「軽量であることを保つために最適なパワートレインを検討したいが、要件と好みが多様化するため、さまざまなオプションを検討する必要があります。」とも。

“I don’t have the answer now but we need to make a vehicle that people can own without worrying that they are not being eco-friendly.”

(「今は答えがありませんが、人々が環境にやさしくないことを心配せずに所有できる車両を作る必要があります。」)

もとより、環境性能を満足できない車を市場に出すことはできませんが、ロータリーエンジンで直接車輪を駆動するスポーツカーを復活させる上で考えているだろうことと通じる話だと思います。

Autocarによると、電動化技術のためのロータリーエンジンの開発が、RXスポーツカーの登場をより現実的にしているそうです。