マツダ、クリーンディーゼル「SKYACTIV-D」搭載車が国内販売累計50万台を達成と発表

マツダは、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載した車を国内で累計50万台販売したと発表しています。

「SKYACTIV-D」搭載車国内累計販売台数が50万台に

「SKYACTIV-D」搭載車の国内累計販売台数が50万台を達成
マツダ株式会社(以下、マツダ)のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売が、2019年9月末時点で累計50万台に達しました。

「SKYACTIV-D」は、それまでの常識を覆す低圧縮比化を実現し、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善したエンジンです。国内市場向けの「SKYACTIV-D」搭載車は、2012年2月に導入を開始。それ以降、3種の排気量をラインナップし、マツダ ロードスターを除く全乗用車に展開してきました。圧倒的なトルクによる高速道路や登坂での余力感、給油のたびに嬉しくなる優れた燃費と経済性、ディーゼルエンジンとは思えないような静粛性や高回転までの伸び、いつまでも乗っていたくなるような運転の楽しさなど、オーナーとなり初めて実感できる独自の価値が、多くのお客さまからご好評いただいています

【MAZDA】「SKYACTIV-D」搭載車、国内販売累計50万台達成|ニュースリリース

ニュースリリースの自己評価は、ときどき言い過ぎじゃないか?と思えることもあるのですが、今回ばかりは、まさにユーザーの気持ちをよく理解していると思います。

今乗っているSKY-D 2.2は最新型ではないですが、余力感はたっぷり、静粛性も初代に比べればずいぶんと良くなっています。

マツダが、国内のクリーンディーゼル市場を活性化し、欧州メーカーは、日本には積極的にディーゼルエンジンを投入しているように市場規模が大きくなっていることがニュースリリースからも分かります。


最初の頃のじゃじゃ馬ぶりには振り回されましたが、楽しい体験でした。SKY-Xも新しい体験を広めることができるようになると良いのですがね。


2012年6月にCX-5 XDが納車になった時と2016年10月にアクセラ 22XDが納車になった時の記事です。う〜ん、懐かしいです。特にCX-5は、もう7年前です。

50万分の2だけ貢献できました。