[特許]マツダ、フリースタイルドアを考慮した車体構造の特許を出願

マツダは、MX-30のようなフリースタイルドアを持つSUVの後部ドアまわりの車体構造に関する特許を出願しています。

特開2019-196104 車両の側部車体構造

サイドシル2の後端に比較的大きな入力荷重が加わった場合であっても、リヤホイールハウス6の下部前端における口開き変形を抑制できる車両1の側部車体構造を提供することを目的とする。

この発明により、車両の側部車体構造は、リヤサイドパネルとで閉断面をなす補強部材でドアヒンジを支持できるため、後部サイドドアを安定して支持することができる。このため、車両の側部車体構造は、部品点数の増加を抑えて、後部サイドドアの支持剛性の確保できるとともに、リヤホイールハウスの下部前端における口開き変形を抑制することができる。

マツダ、フリースタイルドアを考慮した車体構造の特許出願

マツダ、フリースタイルドアに対応した車体構造の特許出願

特開2019-196104 | 知財ポータル「IP Force」(車両の側部車体構造)

特開2019-196109 車両の車体構造

サイドドア開口S2の後端縁をなすサイドピラー34の形状に影響されることなく、リヤサスダンパの支持剛性を向上できる車両1の車体構造を提供することを目的とする。

この発明は、車両の後輪を覆うリヤホイールハウスに設けられるとともに、リヤサスダンパの上端を支持する左右一対のリヤダンパ支持部と、前記リヤホイールハウスと一体的に車両の側壁をなす左右一対のリヤサイドパネルと、前記リヤダンパ支持部よりも車両前方下方で、左右の前記リヤホイールハウスを車幅方向に連結するフロアクロスメンバと、車両のバックドア開口の上端縁をなすリヤヘッダとを備えた車両の車体構造であって、車両のサイドドア開口の後端縁よりも車両後方において、前記フロアクロスメンバに下端が連結されるとともに、上端が前記リヤダンパ支持部近傍に連結された左右一対の下側レインフォースメントと、下側レインフォースメントの上端に下端が連結されるとともに、上端が前記リヤヘッダに連結された左右一対の上側レインフォースメントとを備え、前記フロアクロスメンバと、前記リヤヘッダと、前記左右一対の下側レインフォースメントと、前記左右一対の上側レインフォースメントとで正面視略環状となる環状車体骨格が構成されたことを特徴とする。

マツダ、フリースタイルドアを考慮した車体構造の特許出願

マツダ、フリースタイルドアを考慮した車体構造の特許出願

特開2019-196109 | 知財ポータル「IP Force」(車両の車体構造)

MX-30との比較

MX-30と特許の図面を比較してみると…よく似ていますがピッタリではありませんでした。

マツダは、同社初の量産EVを東京モーターショー2019で発表しました。主要の市場となる欧州では予約が始まっています。
 

フォローしませんか?