北米マツダ、2020 CX-5を発表、ターボエンジンのトルクアップなどを実施

北米マツダは、2020 CX-5を発表しています。商品改良の方向性は先に出た2020 CX-9と同じくエンジンのトルクアップや装備の標準化などです。

2020 CX-5発表

  • 2020 Mazda CX-5 goes on sale with a starting MSRP[1] of $25,090 and will hit dealerships in the Fall of 2019
  • Engine Harmonics Enhancer, increased maximum torque and off-road traction assist headline enhancements to turbocharged CX-5 with i-Activ all-wheel drive
  • Improved NVH and the full suite of i-Activsense safety features, now standard, help with better peace of mind for every drive

Distinctive styling and engaging driving dynamics have helped make the Mazda CX-5 the brand’s best-selling vehicle in the U.S.

The 2020 Mazda CX-5 receives numerous refinements at every trim level, from performance upgrades to more standard safety features. Mazda engineers have also improved the noise, vibration and harshness (NVH) of the SUV to further reduce road noise for an even more peaceful ride.

2020 Mazda CX-5 Continues To Separate Itself From Its Class | Inside Mazda

商品改良の概要

  • エンジン・ハーモニクス・エンハンサーの採用
  • SKY-G 2.5Tのトルクアップ(排出規制はULEV70に改善)
  • AWDにオフロード・トラクション・アシストを追加
  • 改良されたNVH
  • 多くのi-ACTIVSENSEが標準化
  • 新しいキーデザイン
  • 新フォントの採用(車両のバッジとゲージの表示からオーナーズマニュアルまで)
  • センターモニターの8インチ化
  • Skyactiv-G 2.5のエンジン休止状態をモニター表示
  • 新しいパドルシフター

サブタイトルが「ATHLETIC APPEAL UNLIKE MOST OTHER CROSSOVER SUVS(他のクロスオーバーSUVのようなアスレチックアピール)」です。「オフロード・トラクション・アシスト」の追加などを指しているのでしょうが、これまでの北米マツダの動画などを見ても、それとは結びつきにくいのですが…。

国内でもCX-5の商品改良の時期が近づいているので、いくつかの点では共通の改良が行われるのかもしれません。

北米マツダは、2020 CX-9を発表。2列目のキャプテンシート仕様の追加やガソリンターボエンジンのトルクアップなどが実施されこの秋から発売されます。
北米マツダは、2020 Mazda6を発表しています。しかし、未だディーゼルエンジンは搭載されず四駆もラインナップされませんでした。